[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「素晴らしい選手」 投げ合った球宴出場投手が驚愕した超人ぶり「彼は翌日…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、4日(日本時間5日)の敵地マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場したが2打数無安打1四球で、8回に代打を送られて退いた。開幕からの連続安打が4試合で止まり、チームも2-11と大敗。明日5日(同6日)に今季2度目の先発登板する。昨季、二刀流を目の当たりにした球宴出場投手は、大谷の“規格外”のパフォーマンスに唖然。「それがすべてを物語っているでしょ」と語ったことを米専門局が伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

昨年ブルージェイズで16勝のアレク・マノア

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、4日(日本時間5日)の敵地マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場したが2打数無安打1四球で、8回に代打を送られて退いた。開幕からの連続安打が4試合で止まり、チームも2-11と大敗。明日5日(同6日)に今季2度目の先発登板する。昨季、二刀流を目の当たりにした球宴出場投手は、大谷の“規格外”のパフォーマンスに唖然。「それがすべてを物語っているでしょ」と語ったことを米専門局が伝えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 今季も二刀流として、開幕から活躍を続ける大谷。今ではMLBの中でも「TWO WAY」という確立された“ポジション”となっているが、まだまだこの光景が異様に映るメジャーリーガーも少なくないようだ。

 米MLB専門局「MLBネットワーク」公式ツイッターは「アレク・マノアがショウヘイ・オオタニの衝撃を語る」と題して、ブルージェイズで昨季16勝、球宴にも初選出された右腕アレク・マノア投手の談話を紹介。「ショウヘイと対戦するのはどんな感じなの?」と聞かれ、こう答えた。

「分析では、スライダーを投げるなと言われていたんだけど、俺は自信満々だったから『スライダーを投げるななんてどういう意味だよ』って感じだった。それで投げたら本塁打を打たれたよ。次の対戦ではスライダーは投げなかった」

 その上で「彼は素晴らしい選手。どのコースに来ても打てる。皆が思っている以上に体がデカい。ストライクゾーンを外したと思っても届いてしまうんだ」と語った。

 だが、マノアがそれ以上に驚いたのは別のシーンだったという。「単純に話すよ。昨季、我々は投げ合った。彼が何回まで投げたか覚えていないけど、俺は7回まで投げたんだ。2人とも100球以上投げたよ。翌日、俺は軽い調整に腕のケア、マッサージなんかを受けていた。でも彼は1番を打っていた。それが全てを物語っているでしょ」と大谷の“超人”ぶりを称していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集