[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

23歳鶴岡果恋、ツアー初Vへ単独首位浮上 「相当苦しかった」ドライバー不振から脱却

女子ゴルフの国内ツアー・ヤマハレディースオープン葛城は1日、静岡・葛城GC山名C(6480ヤード、パー72)で3日目が行われ、首位と5打差の8位で出た鶴岡果恋(明治安田生命)が7バーディー、2ボギーの67で回り、通算10アンダーで単独首位に浮上。ツアー初Vを視界にとらえた。会見では「気持ちよく打てる場面が多かった」と充実感を漂わせた。

ヤマハレディースオープン葛城、通算10アンダーで単独首位に浮上した鶴岡果恋【写真:Getty Images】
ヤマハレディースオープン葛城、通算10アンダーで単独首位に浮上した鶴岡果恋【写真:Getty Images】

ヤマハレディースオープン葛城3日目

 女子ゴルフの国内ツアー・ヤマハレディースオープン葛城は1日、静岡・葛城GC山名C(6480ヤード、パー72)で3日目が行われ、首位と5打差の8位で出た鶴岡果恋(明治安田生命)が7バーディー、2ボギーの67で回り、通算10アンダーで単独首位に浮上。ツアー初Vを視界にとらえた。会見では「気持ちよく打てる場面が多かった」と充実感を漂わせた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 悲願の初優勝へ大きく前進した。前半1つ伸ばした鶴岡は、後半15番までの6ホール中4ホールでバーディーを奪うなど猛チャージ。16番では第2打をグリーン奥の崖下に打ってしまうも、第3打でグリーンに乗せるナイスアプローチ。ボギーでしのぎ、続く17番パー3でバウンスバックのバーディーを奪った。

 会見では「ティーショットも安定していて、振り抜きも気持ちよく打てる場面が多かった。チャンスについたパットを決めきれたのがスコアに繋がった」と笑顔を見せた。「このコースは好きで、自分自身マネジメントがしやすいコースという印象がある」と得意のコースでここまで好成績を残している。

 1999年生まれの23歳。湘南学院高時代、1学年上の先輩にはツアー通算4勝の原英莉花がいた。尊敬する存在で「お互い高め合っていけるような先輩後輩関係でいたい」と語る。

 昨季はトップ10入り1度だけで「相当苦しかった。思うようなゴルフができず、練習したくない時期もあった」と振り返る。最も得意だったドライバーが荒れて不振となり、オフは修正のため重点的に練習。「去年の自分があっての今だと思う。(ドライバーは)いい時期に戻った」と自信を取り戻した武器とともに最終日に臨む。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集