[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、敵地開幕戦で異例の光景 直前ブーイングのファンが「帽子取った」と米注目

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、アスレチックスとの今季開幕戦に「3番・投手」で先発出場。2年連続の開幕投手で6回2安打無失点、10奪三振と好投した。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表を3度目の優勝に導き、大会MVPに輝いてから9日が経過。初回にバッターボックスに立った際に敵地ファンが大谷に敬意を示したシーンに、米地元紙の記者が注目している。

今季開幕戦に「3番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
今季開幕戦に「3番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

アスレチックスとの開幕戦に「3番・投手」で先発出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、アスレチックスとの今季開幕戦に「3番・投手」で先発出場。2年連続の開幕投手で6回2安打無失点、10奪三振と好投した。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表を3度目の優勝に導き、大会MVPに輝いてから9日が経過。初回にバッターボックスに立った際に敵地ファンが大谷に敬意を示したシーンに、米地元紙の記者が注目している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 2021年にMLBのシーズンMVPに輝き、さらに直前のWBCでも活躍した大谷は敵地ファンからも一目置かれているようだ。1回の大谷の今季初打席時、米カリフォルニア州地元紙「イーストベイ・タイムズ」のジェイソン・マストロドナト記者はツイッターにこう記した。

「マイク・トラウトが打席に入るとコロシアムには大きなブーイングが響いた。ショウヘイ・オオタニが打席に入ると球場全体がスタンディングオベーション。アスレチックスのファンはグリーンの帽子を取り、宙で振っていた」

 この日は8回の打席で申告敬遠された際にも、大谷の打席に注目していた場内から大ブーイングが相手に浴びせられるなど、敵地ファンすら大谷への称賛、歓迎の反応をしていたという。大谷は投げては6回無失点、打っても4回の第2打席で今季初安打をマーク。しかしエンゼルスは大谷の降板後にリリーフ陣が逆転を許し、1-2で敗れている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集