[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パッキャオ現役復帰と米報道 「6.3」21戦全勝選手と対戦へ「もう一度戦いたい、と」

2021年9月に引退を表明したボクシングの元世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ氏(フィリピン)が、44歳で現役復帰を果たす可能性が高まっている。米スポーツ専門局「ESPN」が報じた。

元世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ氏が現役復帰と米報道【写真:Getty Images】
元世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ氏が現役復帰と米報道【写真:Getty Images】

パッキャオの現役復帰について米メディアが報道

 2021年9月に引退を表明したボクシングの元世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ氏(フィリピン)が、44歳で現役復帰を果たす可能性が高まっている。米スポーツ専門局「ESPN」が報じた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 パッキャオの運営する興行会社「MPプロモーションズ」でプロモーターを務めるショーン・ギボンズ氏が、現地時間14日に明かしたという。復帰戦は6月3日にUAE・アブダビ開催を視野に入れており、相手は2階級制覇王者ナイジェル氏を父に持つ21戦全勝(14KO)の26歳コナー・ベン(英国)が相手候補と記されている。

 記事によると、ギボンズ氏は「彼は3位に終わったフィリピン大統領選挙出馬の時間のために引退した。彼は大統領選のための引退と感じていたが、今ではもう一度戦いたいと感じている。最も高いレベルで戦えるという感覚がある」と話していたという。

 パッキャオは史上最多の世界6階級制覇を成し遂げたが、2021年8月にWBA世界ウェルター級スーパー王者だったヨルデニス・ウガス(キューバ)に判定負け。同9月に現役引退を発表した。フィリピン大統領選には落選。昨年12月に韓国人YouTuberとのエキシビジョンマッチに出場したが、ウガス戦以来、公式戦のリングには上がっていない。

 記事では、ギボンズ氏が「マニーは史上最高で、まだまだ戦える余力を残している」とコメント。ベン以外にも、元IBF世界ウェルター級王者のケル・ブルック、元WBA世界ミドル級暫定王者クリス・ユーバンクJr.(ともに英国)も相手候補として挙がっているという。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集