[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、圧巻の“木越え133m弾”に米記者が感嘆「なぜ、この男は6番なんだ?」

大谷翔平、圧巻の“木越え133m弾”に米記者が感嘆「なぜ、この男は6番なんだ?」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、本拠地ホワイトソックス戦に「6番・DH」でスタメン出場。第2打席で133メートルの特大8号ソロを放った。MLB公式インスタグラムは名物の巨大な岩から炎が噴き出す幻想的な写真とともに、動画付きで速報。怪物の圧巻アーチに「彼が帰ってきた」「ただただ美しい」と米ファンも唸っていたが、米記者は「なぜ、この男は6番を打っているんだ?」と賛辞を送っている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

中堅フェンス奥の木を越える特大8号、米記者「見事なパワー見せつけた」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、本拠地ホワイトソックス戦に「6番・DH」でスタメン出場。第2打席で133メートルの特大8号ソロを放った。MLB公式インスタグラムは名物の巨大な岩から炎が噴き出す幻想的な写真とともに、動画付きで速報。怪物の圧巻アーチに「彼が帰ってきた」「ただただ美しい」と米ファンも唸っていたが、米記者は「なぜ、この男は6番を打っているんだ?」と賛辞を送っている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 滞空時間の長いアーチに誰もが酔いしれた。大谷のバットが火を噴いた。2-1とリードして迎えた4回1死一塁だった。

 カウント2-1とした4球目、右腕ジオリートが投じた外角の94マイル(約151キロ)速球を完璧に捉え、かっ飛ばした。放たれた白球は高々と舞い上がり、中堅方向へ。追いかけた中堅手も早々に諦める。ようやく落ちてきたボールは中堅フェンスの奥にある木々も越え、さらに先に着弾。133メートルの特大8号ソロとなった。

 大興奮の本拠地エンゼルスタジアム。中堅左にある名物の巨大な岩から炎が噴き上がり、大谷の9試合ぶりアーチを演出した。MLB公式インスタグラムは二塁へ向かう大谷の先で2本の火柱が上がる幻想的な写真を公開。本塁打の瞬間も合わせて速報し、「この写真凄い」「彼が帰ってきた」「ただただ美しい」とファンも大興奮だった。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー