[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷&ダルビッシュも衝撃 侍JAPAN守護神候補の剛球が海を渡る「この投手は誰?」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は、バンテリンドームでの壮行試合「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ 2023 名古屋」で中日と2連戦。3日は2-7で敗れたものの、4日は4-1で勝利した。ダルビッシュ有投手(パドレス)が笑みを浮かべ、大谷翔平投手(エンゼルス)も頷いた日本の守護神候補の剛球に「この投手は誰だ?」「こいつらと対戦する世界は大変だ」と米国からも驚きの声が上がっている。

WBC日本代表の大谷翔平(左)とダルビッシュ有【写真:Getty Images】
WBC日本代表の大谷翔平(左)とダルビッシュ有【写真:Getty Images】

3日の中日との壮行試合に登板した守護神候補に米も注目

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は、バンテリンドームでの壮行試合「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ 2023 名古屋」で中日と2連戦。3日は2-7で敗れたものの、4日は4-1で勝利した。ダルビッシュ有投手(パドレス)が笑みを浮かべ、大谷翔平投手(エンゼルス)も頷いた日本の守護神候補の剛球に「この投手は誰だ?」「こいつらと対戦する世界は大変だ」と米国からも驚きの声が上がっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 3日の中日戦、5点ビハインドの9回に現役メジャーリーガーをも魅了したのは、巨人の若きストッパー大勢だった。先頭のビシエドの打席で158キロの剛速球を投げ込むと、ベンチにいたダルビッシュは笑顔を浮かべて立ち上がり、大谷も何度も小さく頷いていた。1回無安打無失点。自己最速タイの159キロも投げ込み、危なげなく3人で抑えた。

 この投球に「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家のロブ・フリードマン氏も注目。「日本代表のピッチングがWBCでいかに不公平なものになると思っているか、ユウとショウヘイの表情が物語っている」とツイッターに投稿すると、米ファンからは「日本はこのWBCでダントツで最高の投手陣を持っている」「この投手は誰だ?」「こいつらと対戦する世界は大変だ」「WBC最高の投手陣」といったコメントが寄せられた。

 日本代表は6日に阪神、7日にオリックスと強化試合を京セラドームで行う。WBCは8日に開幕し、日本の初戦は9日、東京ドームでの中国戦となる。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集