[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上野菜々子、自宅に眠るパター持ち出し2位浮上 悲願の初Vへ2打差「パット決め切れた」

女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)の第3ラウンドが4日に行われ、11位から出た上野菜々子(コーナン)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算7アンダーの2位に浮上した。9アンダーで首位の申ジエ(韓国)とは2打差。悲願の初優勝を視界にとらえたが、好調の要因となっているのは自宅に眠っていたパターだと会見で明かした。

3日目をプレーする上野菜々子【写真:Getty Images】
3日目をプレーする上野菜々子【写真:Getty Images】

女子ゴルフ開幕戦・ダイキンオーキッドレディス第3日

 女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)の第3ラウンドが4日に行われ、11位から出た上野菜々子(コーナン)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算7アンダーの2位に浮上した。9アンダーで首位の申ジエ(韓国)とは2打差。悲願の初優勝を視界にとらえたが、好調の要因となっているのは自宅に眠っていたパターだと会見で明かした。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 一気に浮上した。出だし3ホールはパーを重ね、迎えた4番パー5。5メートルのバーディーパットをしっかり沈めると、5番では12メートルを沈めた。6、7番のショートパットも決めて4連続バーディーを奪うと、後半11番も8メートルをねじ込んでバーディー。17番でこの日初ボギーとしたが、最終18番パー5でしっかりバウンスバック。バーディーフィニッシュとなった。

 パッティングが冴えた上野は会見で「長いパットも短いパットも決め切れた」と満足げ。この好調を支えているのが昨年の苦い思い出だ。

「去年、ルーキーで初めて開幕戦に参加させていただいたのですが、エースパターで高麗グリーンでちょっと考えすぎてドツボにはまってしまって、3パットを連発して……。去年終わった時に、来年はいつも使っていないパターでいこうと決めていました」

 そこで上野は開幕を前に自宅を“捜索”。すると「中学生か高校生の時に使っていた」というピンの限定モデルを発掘。「これいいかも」と思い、ほかの数本ともに大会に乗り込んだ。直前の練習で「思ったように転がってくれた」のは高校時代のパター。結局、それを“エースパター”にすると、面白いようにパットが決まっていった。

 昨年が酷すぎただけに、今年は“無”の境地。「高麗グリーンに対応できているというか、何も考えずに行くイメージ。だから攻略した、というものでもない。キャディーさんに任せているので、他の人が持っているようなコースメモも持っていない。いらない考えがなくなっているのでやりやすいですよ」といい意味での開き直りがここまでの好結果を生んでいる。

 2000年度生まれのプラチナ世代。2019年に一発合格した西村優菜、安田祐香、吉田優利らに1年遅れたものの、2020年のプロテストに合格した。アマチュア時代、2018年の大王製紙エリエールオープンで優勝争いを演じ、2019年には予選会を勝ち抜いて全米女子オープンにも出場した実力の持ち主。発掘したパターとともに、悲願の初優勝に突き進む。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集