[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

9回裏にアンパイアが消えた MLBの珍事を米報道、監督希望も「残ってくれなかった」

米大リーグのオープン戦で、珍しい事態が起きた。28日(日本時間3月1日)、パイレーツとオリオールズの試合で9回裏を迎える前に審判が“早退”。それでも両軍は試合を継続した。米放送局「NBCシカゴ」が詳細を伝えている。

米大リーグのオープン戦で珍事が発生した【写真:ロイター】
米大リーグのオープン戦で珍事が発生した【写真:ロイター】

パイレーツ―オリオールズ戦で珍事

 米大リーグのオープン戦で、珍しい事態が起きた。28日(日本時間3月1日)、パイレーツとオリオールズの試合で9回裏を迎える前に審判が“早退”。それでも両軍は試合を継続した。米放送局「NBCシカゴ」が詳細を伝えている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 9回裏のパイレーツの攻撃。打者と捕手の後ろにいるはずの球審がいない。それでもかまわず投手はボールを投げ込み、打者もスイング。どうやらセルフジャッジで試合を行っているようだ。9回裏が始まる前には、アンパイアがグラウンドから離れる姿もとらえられていた。

 実際の映像を米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターが公開していたが、「NBCシカゴ」は「誰が審判を必要とする? パイレーツとオリオールズ、スプリングキャンプの練習試合で終了後もプレー続行」との見出しで記事を公開した。

 記事によると、試合は9回表を終えてパイレーツが7-4としており、本来であればその裏のパイレーツの攻撃は行われず、試合終了となるはずだった。しかし、「両チームの監督が9回裏もやりたいとしたのだが、審判が残ってくれないという問題が発生した」という。「ところが両チームともグラウンドを去ることはせず、半イニング(9回裏)を審判なしで行った」とも報じた。

 MLB公式サイトの試合結果は7-4でパイレーツの勝利となっており、9回裏のスコアには「×」が記されている。公式の記録としては行われていない扱いとなっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集