[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

90年代輝いた日本のフィギュア女王を米記者絶賛 海外ファンも虜「宝石」「最高の1人」

3月、埼玉で世界選手権が開催されるフィギュアスケート。最高峰の実力者による演技に注目が集まるが、米国の名物記者は「私がますます評価するようになった」という日本の女子スケーターをピックアップ。実際の映像とともに絶賛すると「史上最高の1人」「見るのが大好きだった」などと海外ファンからも反響が集まっている。

現役時代の佐藤有香さん(撮影は1995年)【写真:Getty Images】
現役時代の佐藤有香さん(撮影は1995年)【写真:Getty Images】

米国の名物記者が動画とともに紹介

 3月、埼玉で世界選手権が開催されるフィギュアスケート。最高峰の実力者による演技に注目が集まるが、米国の名物記者は「私がますます評価するようになった」という日本の女子スケーターをピックアップ。実際の映像とともに絶賛すると「史上最高の1人」「見るのが大好きだった」などと海外ファンからも反響が集まっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏がツイッターで「私がますます評価するようになったプログラム」「1994年に母国の観客の前で世界タイトルを勝ち取った」などと演技動画とともに紹介したのは、1994年の世界選手権女王となった佐藤有香さんだった。

 動画内ではブルーの衣装に身を包んだ現役時代の佐藤さんが、華麗なジャンプを決めて大きな歓声を浴びている。最後のスピンを終えると、会場はスタンディングオベーション。日の丸が揺れる会場で、惜しげもない拍手が注がれていた。ウォン記者は「そのパワー、基礎的なスケーティング、音楽性は非の打ち所がない」と評した。

 懐かしの映像に、海外ファンも「史上最高の1人、ユカ・サトウ。美しいエッジ、柔らかい膝、表現力のあるスケーティング。アイドルの1人」「ユカ・サトウはスケートの宝石だった」「本当にありがとう! あの頃、ユカ・サトウが滑るのを見るのが大好きだった」などとコメントを書き込み、日本のファンからも「最後の3Sからの軽やかなステップが今見ても色褪せない作品」「スケーティングクイーン」「優雅だわ」などと反響が寄せられていた。

 佐藤さんは1990年の世界ジュニア選手権で優勝。アルベールビル五輪、リレハンメル五輪に出場し、94年には千葉で行われた世界選手権で優勝した。荒川静香さんの振付を担当するなど、指導者としても活躍している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集