[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLB新ルールで珍事 1球も投げずカウント1-1から開始、米困惑「見たことあるか…」

米大リーグのオープン戦で起きた珍事が話題となっている。27日(日本時間28日)にアリゾナ州で行われたダイヤモンドバックス―カブス戦で、投手と打者がともにピッチクロックに違反し、イニング最初の打席がカウント1-1から開始された。米放送局が実際の動画を公開すると、米ファンを「異様だね」と困惑させている。

カブス戦に登板したジョー・マンティプリー【写真:ロイター】
カブス戦に登板したジョー・マンティプリー【写真:ロイター】

投手と打者ともに「ピッチクロック」違反

 米大リーグのオープン戦で起きた珍事が話題となっている。27日(日本時間28日)にアリゾナ州で行われたダイヤモンドバックス―カブス戦で、投手と打者がともにピッチクロックに違反し、イニング最初の打席がカウント1-1から開始された。米放送局が実際の動画を公開すると、米ファンを「異様だね」と困惑させている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 0-0の3回、先頭のブレネン・デービス(カブス)の打席だ。マウンド上ではこの回登板したジョー・マンティプリー(ダイヤモンドバックス)がウォーミングアップをしていたが、ここで球審が両者にピッチクロック違反を宣告。マンティプリーが制限時間以内にウォーミングアップを終えず、さらにデービスも制限時間以内に打席で構えていなかったとして、打席が1ボール1ストライクから開始された。

 MLBは今季から、試合時間短縮のためピッチクロックを導入。投手が球を受け取ってから走者なしで15秒、走者ありで20秒のタイム制限が設けられた。打者も残り8秒までに打席で構えなければならず、違反した場合、投手は1ボール、打者は1ストライクを取られる。米アリゾナ州地元局「バリー・スポーツ・アリゾナ」公式ツイッターは「今まで見たことあるか定かじゃない……」と記して注目。実際の動画を投稿した。

 米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターも「投手と打者が両者ともに準備できておらず、カウントが1-1からスタートした」と記して動画を公開。米ファンからは「興味深いシーズンになりそうだ」「素晴らしい」「このルールは酷いな」「異様だね」「審判が準備できてなかったらどうなるんだろう?」「これは新しいな。少なくとも公平だよね」と様々なコメントが寄せられている。

 この打席はデービスが初球を打つも三飛となってアウトに。試合は9回に一挙3得点したダイヤモンドバックスが3-0で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集