[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング世界戦で海外賛否 王座陥落の早すぎたタオル投げが「台無し」「正しい判断だ」

ボクシングのWBA世界フェザー級タイトル戦が18日(日本時間19日)に英国で行われ、王者リー・ウッド(英国)が挑戦者のマウリシオ・ララ(メキシコ)に7回途中TKO負け。王座陥落したが、その結末が注目の的に。ダウンを喫したウッドが立ち上がり、ファイティングポーズを取った直後、陣営からタオルが投げ込まれ、本人は驚き、不満げな様子だった。海外ファンからは「続行するのは危険だった」「正しい判断」「タオルを投げて台無しにした」と賛否が寄せられた。

WBA世界フェザー級タイトル戦で新王者となったマウリシオ・ララ(右)と陥落したリー・ウッド【写真:ロイター】
WBA世界フェザー級タイトル戦で新王者となったマウリシオ・ララ(右)と陥落したリー・ウッド【写真:ロイター】

WBA世界フェザー級タイトル戦

 ボクシングのWBA世界フェザー級タイトル戦が18日(日本時間19日)に英国で行われ、王者リー・ウッド(英国)が挑戦者のマウリシオ・ララ(メキシコ)に7回途中TKO負け。王座陥落したが、その結末が注目の的に。ダウンを喫したウッドが立ち上がり、ファイティングポーズを取った直後、陣営からタオルが投げ込まれ、本人は驚き、不満げな様子だった。海外ファンからは「続行するのは危険だった」「正しい判断」「タオルを投げて台無しにした」と賛否が寄せられた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 決着は7回終了間際。優勢だったウッドがララの左カウンターを顔面にもろに食らい、仰向けに倒れた。それでも立ち上がり、カウント8秒でファイティングポーズを取る。ララも歩み寄り、試合再開されようとした瞬間だった。ウッド陣営からタオルが投げ込まれ、TKO負け。王座陥落が決まったウッドは驚いた様子で、不満げな表情を浮かべていた。それでも、立ち上がった際は足元にふらつきがあり、将来があるウッドを守る勇気ある潔い判断でもあった。

 英興行大手「マッチルーム・ボクシング」公式ツイッターがその模様を紹介すると「続行するのは危険だった」「正しい判断。ここでリスクを冒す必要はない。彼はまた戻ってくる」「止めたのは素晴らしい判断!」と支持する声が多かったが、一方で「あと10秒あったら続けられていた。コーナーが早すぎた」「10秒でタオルを投げて台無しにした」「タイトルまで10秒だったのに。タオルが早すぎた」と逆転勝ちを期待したファンの無念の声も寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集