[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のいとこ・浩樹が2回TKO完勝! 2年7か月ぶり現役復帰戦「引退前より確実に強い」

 ボクシングの元日本スーパーライト級(63.5キロ以下)王者・井上浩樹(大橋)が16日、東京・後楽園ホールの同級ノンタイトル8回戦でパコーン・アイエムヨッド(タイ)に2回0分38秒TKO勝ちした。一度引退し、2年7か月ぶりの現役復帰戦。前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥と拓真兄弟をいとこに持つ30歳が復帰を果たした。戦績は30歳の井上が16勝(13KO)1敗、27歳のアイエムヨッドが4勝(4KO)1敗。

パコーン・アイエムヨッドと対戦した井上浩樹【写真:浜田洋平】
パコーン・アイエムヨッドと対戦した井上浩樹【写真:浜田洋平】

井上浩樹の現役復帰戦

 ボクシングの元日本スーパーライト級(63.5キロ以下)王者・井上浩樹(大橋)が16日、東京・後楽園ホールの同級ノンタイトル8回戦でパコーン・アイエムヨッド(タイ)に2回0分38秒TKO勝ちした。一度引退し、2年7か月ぶりの現役復帰戦。前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥と拓真兄弟をいとこに持つ30歳が復帰を果たした。戦績は30歳の井上が16勝(13KO)1敗、27歳のアイエムヨッドが4勝(4KO)1敗。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 浩樹が帰ってきた。初回から鋭いジャブで攻撃。主導権を握ると、終了間際に左ストレートでダウンを先取した。2回も優勢。ワンツーで攻め立てると、最後は前に出た相手をカウンターの左ショートで仕留めた。前のめりに倒す2度目のダウン。完勝だ。

「ただいまって感じですね。感覚は徐々に思い出してきた。アップの段階でこんな感じだったなって。リングでのお客さんの感じも。最後の試合は無観客試合だったので、こうやって来てくれて嬉しいです。引退前より確実に強くなっている」

 2019年4月、浩樹はデビュー13連勝で日本同級王座を奪い、同12月にはアジアパシフィック同級王座を獲得した。「井上一族の最終兵器」と呼ばれたが、20年7月に永田大士(三迫)との日本王座2度目の防衛戦は、7回負傷TKOのプロ初黒星。左手の怪我もあり、現役引退を表明した。

 辞めた後に新たに出会った人たちなどから「試合を見てみたかった」といった声をもらい、22年2月に現役復帰を明言。復帰を後押ししてくれた尚弥、拓真とともに厳しい練習を積んできた。引退前は怪我に悩まされ、万全の状態で試合に臨めないことも。新たに出会った整体師のおかげで痛みが消え、「今までで一番練習できた」とリングに帰ってきた。

 アニメとゲームが大好きなオタクボクサーの一面もある。この日の入場曲もこれまでと同様にアニメソングだった。「BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!」の絵が入った法被を着て登場。「法被がいつも力になっているので最高でしたね」と笑った。リングサイドでは、尚弥も真剣な眼差しで観戦。浩樹は「いつも心強い言葉をもらっています」と感謝した。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3 4
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集