[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希、2月に衝撃の160キロ 仕上がりぶりに米ファンからも驚きの声「恐ろしい」

3月開幕のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選出されたプロ野球・ロッテの佐々木朗希投手。15日のヤクルトとの練習試合では、剛速球で村上宗隆内野手から空振り三振を奪うなど、2回1安打無失点と順調な調整ぶりを見せた。米投球分析家も、現在の佐々木朗に注目。米ファンに紹介すると「これは恐ろしい」「異常だよ」などと反響が寄せられている。

ロッテ・佐々木朗希【写真:Getty Images】
ロッテ・佐々木朗希【写真:Getty Images】

米投球分析家も注目

 3月開幕のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選出されたプロ野球・ロッテの佐々木朗希投手。15日のヤクルトとの練習試合では、剛速球で村上宗隆内野手から空振り三振を奪うなど、2回1安打無失点と順調な調整ぶりを見せた。米投球分析家も、現在の佐々木朗に注目。米ファンに紹介すると「これは恐ろしい」「異常だよ」などと反響が寄せられている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 ヤクルト戦では2月のこの時期にも関わらず、160キロを計測するなど実力を見せた佐々木朗。米投球分析家ロブ・フリードマン氏は、試合前のブルペン映像にもツイッターで注目した。真っすぐとスライダーを重ねた映像。速さとキレも凄いが、途中まで軌道が同じに見えるのも凄い。

 紹介を見た米ファンからは驚きの声が上った。「とても印象的だ……同じ投球なのに変化後のコースが全然違うな」「これは異常だよ」「これは恐ろしい」「他のチームの健闘を祈るよ(笑)」「21歳で102マイルを計測。さらに変化球もある」「世界最高の投手だ」「これは美しいな」などとコメントが書き込まれていた。

 3月開幕のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でどんな投球を見せてくれるのか、海外からも注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集