[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西武が「ネット裏テーブル4」販売 4つのアングルを楽しめるタブレットを座席に設置

プロ野球・西武は、NTTコミュニケーションズ株式会社と協業し、2023シーズンにベルーナドームで開催する1軍公式戦において、複数のカメラでさまざまな角度から撮影した試合の映像を、座席に設置したタブレット端末からリアルタイムで同時に見られるグループ席「ネット裏テーブル4(フォー)(5Gマルチアングル機能付)」を販売すると発表した。

西武はグループ席「ネット裏テーブル4(フォー)(5Gマルチアングル機能付)」を販売【写真:球団提供】
西武はグループ席「ネット裏テーブル4(フォー)(5Gマルチアングル機能付)」を販売【写真:球団提供】

山川「これまでとはひと味違った野球観戦に」

 プロ野球・西武は、NTTコミュニケーションズ株式会社と協業し、2023シーズンにベルーナドームで開催する1軍公式戦において、複数のカメラでさまざまな角度から撮影した試合の映像を、座席に設置したタブレット端末からリアルタイムで同時に見られるグループ席「ネット裏テーブル4(フォー)(5Gマルチアングル機能付)」を販売すると発表した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 本座席は、NTTコミュニケーションズのライブ配信プラットフォームを活用し、試合の中継映像のほか、ライオンズ側のベンチとブルペン、バックスクリーン上部からのアングルの計4つの映像を、座席に設置した端末で同時に見ることができる。見たいアングルをタップすると大きな画面で見られるほか、リプレー機能も備えており、もう一度見たいシーンや見逃してしまった場面などを任意で選択して見ることができる。

 本座席は埼玉西武ライオンズの2023シーズン開幕戦の3月31日から利用でき、計10席、最大40人が楽しめる。10席分のうち、2席は個人向けに2月17日のファンクラブ先々行抽選から販売を始め、残りの8席は法人向けの年間シートとして販売を開始した。

座席の端末で4つのアングルを楽しめる【写真:球団提供】
座席の端末で4つのアングルを楽しめる【写真:球団提供】

 また3月24日までに特設サイトから「ネット裏テーブル4(5Gマルチアングル機能付)」を申し込んだ法人には、球場内の飲食店や売店で利用できる「スタジアムクーポン」が、最大23万円分もらえるキャンペーンを実施中。そのほか、接待などでも利用できるライオンズ オーナーズレストランや、限定イベントへの招待など、多種多様な購入特典が用意されている。

▼山川穂高コメント
「球場で生の試合観戦を楽しみながら、中継映像やベンチ内の様子など複数の角度からの映像が見られるというのは、これまでとはひと味違った野球観戦になると思います! リプレー機能も付いているので、僕のホームランの映像を何度も繰り返し見てほしいですね! そしてホームラン後の『どすこい!』で盛り上がるベンチ内の映像も一緒に楽しんでもらえればと思います!」

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集