[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

Sバンタム級アジアNo.1へ ボクサー中嶋一輝が前戦を反省「喧嘩で勝ったような試合」

ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)スーパーバンタム級(55.3キロ以下)王座決定戦12回戦が16日、東京・後楽園ホールで行われる。15日の前日計量は同級1位・中嶋一輝(大橋)が55.2キロ、相手の同級3位ケニー・デメシーリョ(フィリピン)が55.0キロで一発クリア。中嶋は地域タイトル2階級制覇がかかる。戦績は29歳の中嶋が13勝(11KO)1敗1分け、30歳のデメシーリョが16勝(10KO)5敗2分け。

前日計量に臨んだ中嶋一輝【写真:浜田洋平】
前日計量に臨んだ中嶋一輝【写真:浜田洋平】

WBOアジアパシフィック(AP)スーパーバンタム級王座決定戦

 ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)スーパーバンタム級(55.3キロ以下)王座決定戦12回戦が16日、東京・後楽園ホールで行われる。15日の前日計量は同級1位・中嶋一輝(大橋)が55.2キロ、相手の同級3位ケニー・デメシーリョ(フィリピン)が55.0キロで一発クリア。中嶋は地域タイトル2階級制覇がかかる。戦績は29歳の中嶋が13勝(11KO)1敗1分け、30歳のデメシーリョが16勝(10KO)5敗2分け。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 中嶋は計量をクリアし、ポーズを取った。「完璧です」。相手は大橋ジムを訪れたこともある選手だが、「覚えてないです。思っていたより身長が低いですね」と笑った。東洋太平洋バンタム級王座に続く、地域タイトルの2階級制覇のかかった一戦。平常心を貫くことを大事にする。

「普通の試合と気持ちは変わらないです。勝つだけ。そこにタイトルがかかっているだけ。絶対勝ちます」

 昨年10月の前戦はタイ選手に8回TKO勝ちしたものの、2度のダウンを奪われた。逃げまわる相手に「腹が立って」と無理に追った結果、パンチを合わせられた。「ギリギリ勝った試合。倒そうとしすぎていた。ボクシングじゃなく、喧嘩で勝ったような試合」と反省した。

 KOにこだわりがあるが、気持ちを抑えることの両立が必要。メインイベントに向けて「無理してガチャガチャ行いかないようにしたい。流れの中で倒していく。クールに、でも早く行きたい。行くところは行く」と描いた。

 セミファイナルの日本ミニマム級王座決定戦は、小浦翼(E&Jカシアス)と高田勇仁(ライオンズ)が対戦予定だったが、小浦が14日の最終調整中に痙攣を起こして救急搬送。この日も午前4時から減量を試みたが、落とせずギブアップした。代わりとして、高田は昨年4月にWBO世界同級王座に挑戦して敗れた石澤開(M.T)と2分×2回のエキシビションを行う。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集