[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

かつては1日7000kcal摂取 デッドリフト500kgの「世界最強の男」が英プロレス電撃参戦

デッドリフト500キロの前世界記録保持者で「世界最強の男」コンテストの優勝経験を持つ超怪力男が、英国でプロレスデビューを果たした。11日に開催された「メガスラム・レスリング」に参戦。「サプライズ参加者となった」と地元紙が報じている。

エディー・ホール【写真:Getty Images】
エディー・ホール【写真:Getty Images】

地元のレスリングにサプライズで参加

 デッドリフト500キロの前世界記録保持者で「世界最強の男」コンテストの優勝経験を持つ超怪力男が、英国でプロレスデビューを果たした。11日に開催された「メガスラム・レスリング」に参戦。「サプライズ参加者となった」と地元紙が報じている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 分厚い胸板に逞しすぎる上腕筋、身体を覆う凄まじい筋肉を見せつけているのは、かつて「世界最強の男」コンテストで優勝したエディー・ホール。デッドリフトでは衝撃の500キロをマーク。世界記録を保持していたが、俳優のハフソー・ビョルンソン(アイスランド)が501キロで記録を更新。因縁の2人は昨年3月、6ラウンド制のボクシングのエキシビションマッチで激突し、ビョルンソンが判定勝ちを収めたことで海外で注目を浴びた。

 ホールは総重量680キロのスクワットバーでトレーニングしたり、美女4人を持ち上げる驚きの映像などをインスタグラムに投稿。度々話題となっている。2020年には、1日7000キロカロリーを6度の食事で摂取していることをホールの妻が明かし、驚きを呼んでいた。

 そんなホールがプロレスデビューしたようだ。英紙「デイリー・スター」は「エディー・ホールがレスリングデビュー 故郷でビースト・ストームズ・ランブルのイベントに出場」との見出しで記事を掲載。「エディー・ホールが長く期待されていたレスリングデビューを故郷のストーク・オン・トレントで飾った」と報じた。

「2017年に世界最強の男コンテストで優勝したホールはそれ以降、俳優業とボクシングに転向し、2018年に世界最大のレスリングのプロモーション(WWE)への加入は防がれていた」と記事では過去について紹介。「35歳は土曜日、メガスラム・レスリングのショーのサプライズ参加者となり、故郷ストーク・オン・トレントのギングズ・ホールで行われたメインイベントでチーム・メガスラムに加わった」と伝えていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集