[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

四大陸Vりくりゅう、天候に皮肉を込めて海外メディア称賛「彼らを止めたのは嵐だけ」

フィギュアスケートの四大陸選手権が11日(日本時間12日)、米コロラド州コロラドスプリングズでペアフリーなどが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)は137.05点、合計208.24点で優勝した。四大陸のペアで日本勢初制覇の快挙。演技直後に2人が崩れ落ちた動画も話題になった中、海外メディアは「今季、ミウラとキハラを止めたのは嵐だけだ」と指摘した。

四大陸選手権で優勝した三浦璃来、木原龍一組【写真:ロイター】
四大陸選手権で優勝した三浦璃来、木原龍一組【写真:ロイター】

フィギュア四大陸選手権

 フィギュアスケートの四大陸選手権が11日(日本時間12日)、米コロラド州コロラドスプリングズでペアフリーなどが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)は137.05点、合計208.24点で優勝した。四大陸のペアで日本勢初制覇の快挙。演技直後に2人が崩れ落ちた動画も話題になった中、海外メディアは「今季、ミウラとキハラを止めたのは嵐だけだ」と指摘した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 りくりゅうは華麗かつダイナミックなリフトを披露。演技を終えた瞬間、三浦が木原に抱き着いた。直後に膝から氷に崩れ落ちた2人。標高1800メートルの高地で全てを出し切り、懸命に呼吸を整えて感動を呼んだ。

 カナダ公共放送「CBC」はりくりゅうに関する記事を掲載。他の選手の結果を伝えながら「ミウラとキハラはフリーのいくつかミスを乗り越え、日本のぺアとして初めて優勝した」と紹介した。

 昨年12月の全日本選手権は「トロント発および経由地バンクーバー発のフライトの大幅遅延、ロストバゲージ」に見舞われて欠場。“悲劇”を紹介した記事では、「今季、ミウラとキハラを止めたのは嵐だけだ。冬の嵐がロストバゲージを引き起こし、彼らは全日本選手権の欠場を強いられた」と天候への皮肉まじりに強さを称賛した。

 3月に埼玉で行われる世界選手権でさらなる飛躍が期待される。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集