[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

首位りくりゅう、全日本欠場を乗り越えた熱演に海外感動「滑りたくて仕方なかったね」

フィギュアスケートの四大陸選手権が10日、米コロラド州コロラドスプリングズで行われた。ペアのショートプログラム(SP)では、昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルを制した三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が71.19点で首位発進。海外メディアは「滑りたくて仕方なかったのでしょう」と称賛した。

四大陸選手権のショートプログラムに臨んだ三浦璃来、木原龍一組【写真:ロイター】
四大陸選手権のショートプログラムに臨んだ三浦璃来、木原龍一組【写真:ロイター】

四大陸選手権

 フィギュアスケートの四大陸選手権が10日、米コロラド州コロラドスプリングズで行われた。ペアのショートプログラム(SP)では、昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルを制した三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が71.19点で首位発進。海外メディアは「滑りたくて仕方なかったのでしょう」と称賛した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 りくりゅうがGPファイナル優勝者の力を見せた。3回転トウループで転倒したものの、ダイナミックなリフトなどでファンを魅了。青を基調とした鮮やか衣装に身を包み、観客の拍手を浴びた。昨年12月の全日本選手権は渡航の関係でまさかの欠場。大舞台での活躍を待ちわびたファンの前で熱演した。

 国際スケート連盟(ISU)公式ツイッターはリフトの動画を公開。文面に「首位へひとっ跳び! ミウラ、キハラ組がまたやった! ペアショートプログラムで首位発進」と記して称賛した。カナダのスポーツジャーナリスト、ベバリー・スミス氏も「りくりゅうを見るのは、いつも特別な楽しみ。カナダのディアナ・ステラート、マキシム・デシャン組からほんの3点のみリード」とツイートしている。

 海外スケート専門メディア「インサイド・スケーティング」公式ツイッターも「りくりゅうのスケート観戦は常に感動的な体験。彼らは滑りたくて仕方なかったのでしょう、急ぎ、情熱、焦り(それによるミス)をほぼ感じるほどだった。彼らは、なんてスリル満点なんでしょう」と称賛。感動を誘っていたようだ。

 今季はGPシリーズ2つに加え、GPファイナルも優勝。出場した国際大会を全て制し、波に乗っている。今大会優勝なら日本勢初の快挙だ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集