[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心、テストにマウスピース忘れる大物ぶり「さっき買った。新人らしいでしょ」

キックボクシング界の“神童”那須川天心が9日、東京・後楽園ホールで日本ボクシングコミッション(JBC)のプロテストに合格した。プロ格闘家としての実績を評価され、B級(6回戦以下)で実施。スパーリング、シャドー、筆記試験などを終えた。

後楽園ホールで行われたプロテスト、シャドーを披露する那須川天心【写真:浜田洋平】
後楽園ホールで行われたプロテスト、シャドーを披露する那須川天心【写真:浜田洋平】

那須川天心がプロテスト合格、筆記97点に「久々に鉛筆を持った」

 キックボクシング界の“神童”那須川天心が9日、東京・後楽園ホールで日本ボクシングコミッション(JBC)のプロテストに合格した。プロ格闘家としての実績を評価され、B級(6回戦以下)で実施。スパーリング、シャドー、筆記試験などを終えた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 金髪の那須川は「よろしくお願いします!」と元気よく会場入り。100人近い報道陣や関係者が見守る異例の注目の中、計量は58キロだった。机に向かい、筆記試験でペンを走らせると、ボーダーラインの70点を大きく超える97点の高得点。「セーフ」と笑顔でジェスチャーを取った。

 ヘッドキャップと14オンスのグローブを着け、3月20日に日本バンタム級タイトルマッチを控えている同級1位・南出仁(セレス)とスパーリングを実施。3ラウンドでジャブの差し合いやボディーワークなどキレのある動きを見せ、合格を果たした。取材では安堵の笑みを浮かべながら語った。

「何かに合格するのは嬉しいですよ。こういう受験は高校受験以来で新鮮。緊張感はありました。新しいことですし、人も超多いし、カメラも多い。ここで落ちられないでしょ。でも、実はマウスピースを忘れて、さっきフィットネスショップで買ってきました。新人らしくていいですね(笑)。自分で言っちゃうけど」

 大物感を漂わせた24歳。筆記の高得点には「久々に鉛筆を持った」と報道陣の笑いを誘い、「今までの(テストの)点数で一番いい」とニッコリ。1問ミスの97点だった。「トランクスはスカート状でもいいのか、という問題を間違えました。いいと思ったらダメだと。キックボクシングはOKなので、違いを知れていい発見です」と振り返った。

 昨年6月の格闘技イベント「THE MATCH 2022」(東京ドーム)でK-1王者・武尊に5-0の判定勝ち。格闘技47戦無敗(キックボクシングは42戦)のままプロボクシングに転向する。今後は数々の世界王者や名ボクサーを生んだ名門・帝拳ジムに所属。4月に6回戦でボクシングデビューする。

「一つの目標はベルトを獲ること。まずはそこを目指したい。ここまでなりたいとかはない。できるだけ強くなりたい。昨日より今日。毎日、毎日、最高を更新したい」と成長を誓った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集