[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心、ボクシングのプロテスト合格 キレキレスパーを披露、筆記97点の高得点

キックボクシング界の“神童”那須川天心が9日、東京・後楽園ホールで日本ボクシングコミッション(JBC)のプロテストに合格した。プロ格闘家としての実績を評価され、B級(6回戦以下)で実施。スパーリング、シャドー、筆記試験などを終えた。

後楽園ホールで行われたプロテスト、合格した那須川天心【写真:浜田洋平】
後楽園ホールで行われたプロテスト、合格した那須川天心【写真:浜田洋平】

ボクサー転向でB級プロテスト受験

 キックボクシング界の“神童”那須川天心が9日、東京・後楽園ホールで日本ボクシングコミッション(JBC)のプロテストに合格した。プロ格闘家としての実績を評価され、B級(6回戦以下)で実施。スパーリング、シャドー、筆記試験などを終えた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 金髪の那須川は「よろしくお願いします!」と元気よく会場入り。100人近い報道陣や関係者が見守る異例の注目の中、計量は58キロだった。机に向かい、筆記試験でペンを走らせると、ボーダーラインの70点を大きく超える97点の高得点。「セーフ」と安堵の笑みでジェスチャーを取った。キレのあるスパーも披露。プロボクサーのテスト合格を手にした。

 プロテストはスパー、シャドー、計量、検診、ボクシング知識に関する筆記試験を実施。16~34歳が受験でき、ライセンスは8回戦以上に出場可能なA級、6回戦以下のB級、4回戦にしか出られないC級が設定されている。アマチュア時代の実績などによってB級を受検できる選手もいる。

 24歳の那須川は、昨年6月の格闘技イベント「THE MATCH 2022」(東京ドーム)でK-1王者・武尊に5-0の判定勝ち。格闘技47戦無敗(キックボクシングは42戦)のままプロボクシングに転向する。今後は数々の世界王者や名ボクサーを生んだ名門・帝拳ジムに所属。ボクシングデビュー戦は4月に行われる見通しとされている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集