[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ネッツは八村塁も求めていた」 アービング移籍交渉、米記者が明かした“無茶ぶり”

米プロバスケットボール(NBA)で6日(日本時間7日)、大型トレードが成立した。ネッツのスター選手、カイリー・アービングがマーベリックスに電撃移籍すると、両球団から正式に発表された。八村塁が所属するレイカーズも移籍先の有力候補とされていたが、ネッツのオーナーはレイカーズ行きに反対。他球団と比べてかなりの対価を要求し、その中には“トレード不可”な八村の名前も挙がっていたと米記者が報じている。

レイカーズの八村塁【写真:ロイター】
レイカーズの八村塁【写真:ロイター】

ネッツのオーナーはアービングのレイカーズ行きに反対

 米プロバスケットボール(NBA)で6日(日本時間7日)、大型トレードが成立した。ネッツのスター選手、カイリー・アービングがマーベリックスに電撃移籍すると、両球団から正式に発表された。八村塁が所属するレイカーズも移籍先の有力候補とされていたが、ネッツのオーナーはレイカーズ行きに反対。他球団と比べてかなりの対価を要求し、その中には“トレード不可”な八村の名前も挙がっていたと米記者が報じている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 今季、渡邊雄太とともにプレーしてきたアービングは、ネッツとの契約延長の交渉が合意に至らず、トレードをチームに要求したと米メディアに報じられていた。レイカーズやサンズなど複数球団が候補として挙げられていたが、最終的にマーベリックスと話がまとまった。

「ニューヨーク・タイムズ」や「ESPN」などでNBA担当を務めたマーク・スタイン記者は、自身のポッドキャスト番組「ディス・リーグ・アンカット」で交渉の裏側を紹介。関係者の話として、スタイン氏は「ネッツはレイカーズに、他球団と比べてかなりの対価を要求していた」と言及した。

 さらに「複数のドラフト指名権、それに加えてオースティン・リーブス、マックス・クリスティーも求めていた。さらに、獲得したばかりだからルイ・ハチムラはこの取引に含めることはできないが、できるのであればネッツはハチムラも求めていたそうだ」と、ネッツが無謀な要求をしていたことを明かした。

 その背景として、スタイン氏はネッツのジョセフ・ツァイオーナーがレイカーズ行きに反対していたという関係者談を持ち出した。「彼らがレイカーズに要求していたものを聞けば、この取引の結末が『カイリーがレイカーズに行く』という形になってほしくない、という意見の確かな裏付けになる」と私見を述べた。

 ネッツは結局、アービングと共にマーキーフ・モリスをマーベリックスに送り、対価としてペンサー・ディンウィディー、ドリアン・フィニー=スミスの2選手と、2027年、29年のドラフト2巡目指名権、さらに29年のドラフト1巡目指名権を獲得する形で取引をまとめた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集