[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥にTKO負けロドリゲス、IBF1位とバンタム級王座決定戦か 海外報道「陣営に通達」

昨年12月、ボクシングで世界バンタム級4団体統一の偉業に成功した井上尚弥(大橋)。今年1月にスーパーバンタム級転向を発表したが、井上が返上したバンタム級王座を巡る争いにも注目が集まる。前同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と、同級1位のビンセント・アストロラビオ(フィリピン)に、IBFが対戦指令を出したとフィリピンメディアが報じている。

エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

IBFがアストロラビオと対戦を指令

 昨年12月、ボクシングで世界バンタム級4団体統一の偉業に成功した井上尚弥(大橋)。今年1月にスーパーバンタム級転向を発表したが、井上が返上したバンタム級王座を巡る争いにも注目が集まる。前同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と、同級1位のビンセント・アストロラビオ(フィリピン)に、IBFが対戦指令を出したとフィリピンメディアが報じている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 圧倒的な王者・井上が去ったバンタム級。フィリピンのボクシング専門メディア「フィルボクシング」は「ビンセント・アストロラビオがエマヌエル・ロドリゲスと空位のIBF世界バンタム級王座をかけ激突」との見出しで記事を掲載した。

 記事では「今週、IBFは2月25日を試合の契約を結ぶ期限として両陣営に通達した」と、IBFが王座決定戦での対戦指令を出したことを伝えた。

 ロドリゲスは2019年5月、井上に2回TKOで完敗し、王座陥落。しかし昨年10月に行われた同級12回戦でゲーリー・アントニオ・ラッセル(米国)に3-0の10回負傷判定勝ちを収め、王座返り咲きに前進していた。

 アストロラビオは昨年2月に元世界2階級制覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)を相手に、8回にダウンを奪うなど3-0の判定勝ち。12月にはニコライ・ポタポフ(ロシア)に6回KO勝ちしており、現在は同級でIBF1位、WBO2位、WBC7位につけている。ロドリゲスはIBF2位、WBO3位、WBC5位。両者の対戦が実現なるか注目される。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集