[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁VS渡邊雄太は「バスケ界に大きな一戦だ」 実現した日本人対決にアジア記者注目

米プロバスケットボール(NBA)は30日(日本時間31日)、ネッツが121-104でレイカーズに勝利した。レイカーズ八村塁は移籍後3戦目で初スタメン。ネッツ渡邊雄太と今季2度目の日本人対決となったが、八村が16得点、渡邊が12得点と両者ともに2ケタ得点をマークした。NBAの舞台で躍動する2人に、フィリピン紙の記者は「アカツキ・ファイブの未来は明るい」と注目していた。

八村塁(左)と渡邊雄太、今季2度目の日本人対決が実現【写真:ロイター、Getty Images】
八村塁(左)と渡邊雄太、今季2度目の日本人対決が実現【写真:ロイター、Getty Images】

ネッツ―レイカーズ戦で日本人対決実現

 米プロバスケットボール(NBA)は30日(日本時間31日)、ネッツが121-104でレイカーズに勝利した。レイカーズ八村塁は移籍後3戦目で初スタメン。ネッツ渡邊雄太と今季2度目の日本人対決となったが、八村が16得点、渡邊が12得点と両者ともに2ケタ得点をマークした。NBAの舞台で躍動する2人に、フィリピン紙の記者は「アカツキ・ファイブの未来は明るい」と注目していた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 八村は移籍前を含めても今季初のスタメン出場、渡邊雄太はベンチスタートだったが、両者ともに存在感を見せた。第1クォーター(Q)開始早々、八村は味方のシュートのリバウンドをそのまま叩き込み、チームの初得点を記録。途中出場した渡邊も、第1Q残り50秒付近で鮮やかに3ポイントでこの試合の自身初得点を決めて見せた。

 第2Q、八村と渡邊が同じコートに立つ。序盤からマッチアップする場面も見られ、渡邊は連続得点を見せるなど躍動。ガブリエルのシュートをブロックし、その直後に綺麗な弧を描いた3ポイントも決めて見せた。地元ニューヨークで中継している「YESネットワーク」の実況は、ブロックを意味する「SWAT(スワット)」と渡邊の名前を掛けながら「スワッタナベ!」と絶叫。ベンチで見つめたスター選手、アービングも歓喜した。

 試合はネッツが勝利。八村は27分48秒の出場で16得点、4リバウンド、1アシスト。渡邊は21分21秒の出場で12得点、1リバウンド、2ブロックだった。フィリピン地元紙「ザ・フィリピンスター」のジョン・ブライアン・ウランディ記者は、この試合前に自身のツイッターで反応。このように記した。

「期待がかかるレイカーズとネッツの試合だが、レブロンやAD、KDそしてベン・シモンズは出場しないだろう。それでもアジアのバスケ界にとっては大きな試合だ。日本のユウタ・ワタナベ、ルイ・ハチムラがセンターステージに立つが、注目に値する。アカツキ・ファイブの未来は明るい」

 八村は今月ウィザーズからトレード加入。これがレイカーズ3戦目だった。レイカーズはスター選手のレブロン・ジェームズ、アンソニー・デービスが共に欠場。ネッツも「KD」ことケビン・デュラントが不在の試合だったが、日本人2人が存在感を見せた。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集