[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三笘薫、脅威与えたリバプール戦「鬼スタッツ」を英メディア称賛「DFを恐れさせた」

海外サッカー、英1部プレミアリーグのブライトンに所属する日本代表MF三笘薫が29日、リバプールとのFAカップ4回戦で決勝弾。2-1の勝利に導いた。後半アディショナルタイム(AT)に右足でスーパーゴール。リーグ戦に続いて名門を破る立役者となったが、英メディアは三笘のスタッツを紹介。「相手DFを恐れさせた」と称賛している。

リバプール戦で決勝ゴールを決めたブライトンの三笘薫【写真:ロイター】
リバプール戦で決勝ゴールを決めたブライトンの三笘薫【写真:ロイター】

後半ATに決勝弾

 海外サッカー、英1部プレミアリーグのブライトンに所属する日本代表MF三笘薫が29日、リバプールとのFAカップ4回戦で決勝弾。2-1の勝利に導いた。後半アディショナルタイム(AT)に右足でスーパーゴール。リーグ戦に続いて名門を破る立役者となったが、英メディアは三笘のスタッツを紹介。「相手DFを恐れさせた」と称賛している。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 三笘の勢いが止まらない。リバプール戦、1-1で迎えた後半ATだ。味方のセットプレーで、グロスがペナルティエリア左に蹴りだす。これを受けたエストゥピニャンが逆サイドにふわりと浮かせると、三笘が華麗なトラップ。打つと見せかけて冷静にワンフェイントを入れた後、素早く右足で流し込んだ。

 この試合はこの場面以外にも、スピードを生かしたドリブル突破などで相手を苦しめたが、英サッカーメディア「Squawka」の公式ツイッターは「ブライトンのカオル・ミトマのリバプール戦」と記し、三笘の「鬼スタッツ」を紹介している。

 三笘のシュート精度は「100%」。タッチ回数は57で、デュエル勝利は8。ドリブル突破の成功回数は、この試合最多の「6」だった。クロス3回、ビッグチャンスも1回創出。2度の枠内シュートのうち、1本が鮮烈な決勝ゴールだったが、それ以外でも相手に脅威を与えていたことが分かる。

 同メディアは「リバプールのディフェンスを恐れさせ、決勝点を挙げた」と称賛。ブライトンは14日(日本時間15日)のリーグ戦でもリバプールに3-0で勝利しているが、この時も三笘が先制点を演出。また名門相手に衝撃を与えた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集