[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

28歳安藤友香、日本人最上位の大阪国際3位! 転倒&流血・佐藤早也伽は涙の途中棄権

大阪国際女子マラソンが29日、大阪・ヤンマーフィールド長居発着の42.195キロで行われ、1万メートルの東京五輪代表・安藤友香(ワコール)が2時間22分58秒で日本人最上位の3位に入った。今回が8度目の42.195キロだった28歳。「この舞台に立てたのも、皆さんの支えがあって立てた。感謝の気持ちでいっぱい」とレース後のインタビューで感謝を口にした。優勝は2時間21分13秒のヘヴン・ハイル・デッセ(エチオピア)。

安藤友香【写真:奥井隆史】
安藤友香【写真:奥井隆史】

大阪国際女子マラソン

 大阪国際女子マラソンが29日、大阪・ヤンマーフィールド長居発着の42.195キロで行われ、1万メートルの東京五輪代表・安藤友香(ワコール)が2時間22分58秒で日本人最上位の3位に入った。今回が8度目の42.195キロだった28歳。「この舞台に立てたのも、皆さんの支えがあって立てた。感謝の気持ちでいっぱい」とレース後のインタビューで感謝を口にした。優勝は2時間21分13秒のヘヴン・ハイル・デッセ(エチオピア)。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 澄み渡る冬空のもと、ランナーたちが浪速路を駆け抜けた。序盤は3年ぶりに出場した海外招待選手たちと安藤、佐藤早也伽、上杉真穂、岩出玲亜らが先頭集団を形成。5キロ地点を16分39秒で通過した。しかし、8キロ付近で佐藤と岩出が接触。2人とも転倒した。

 岩出はすぐに立ち上がって続行。佐藤も顔をしかめながら立ち上がったものの、足を引きずりながら走った。先頭からは100メートル以上離される展開。徐々にペースを取り戻してくらいついた。岩出も遅れ、先頭集団の日本人は安藤と上杉だけに。15キロを49分30秒で通過した。

 しかし、佐藤は再びペースを落として18キロ付近で棄権。沿道で野口英盛監督に抱きかかえられ、涙を流した。上杉も優勝争いから脱落し、安藤、ヘヴン・ハイル・デッセとメセレット・ゴラ・シセイのエチオピア勢による3人の先頭集団は中間点を1時間9分45秒で通過。30キロ地点は1時間39分34秒とし、想定フィニッシュタイムは2時間19分台のハイペースだった。

 ここからペースメーカーが外れ、安藤がエチオピア勢に遅れ始めた。35キロ点は先頭から26秒遅れる1時間56分27秒の3番手。終盤はペースを落としたが、粘りながら走り抜いた。17年3月の名古屋ウィメンズでは、2時間21分36秒の初マラソン日本人最高をマーク。以降は自己ベストを更新できずにいた。

 安藤はレース後「たくさんの応援をいただいたので、しっかり前を向いて走ることができた」と語り、自身の走りについては「前半強い選手の力を借りて、流れに乗って走れたが、ついて行けず、自己ベストを更新できなかったので悔しい気持ちでいっぱい」と話した。

 今大会は12年ぶりにコース変更。折り返しがなくなったことでターン時の減速がなくなった。さらに20キロ過ぎから中間点過ぎまで高低差約18メートルのアップダウンがあり、後半へスムーズなスピードアップが期待されていた。

 2024年パリ五輪代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC、23年10月15日開催)の出場権もかかった大会。安藤、佐藤、上杉、岩出らはすでにMGC出場を決めていた。8月のブダペスト世界陸上の代表選考会も兼ね、日本陸上競技連盟の派遣設定記録は2時間23分18秒とされている。

 大会前から自身のマラソン初優勝を狙っていた安藤は「悔しい気持ちと課題を克服し、MGCではパリ五輪の切符を取れるよう一から頑張りたい」とも話した。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集