[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、レイカーズ2戦目は6得点 大物レブロン&デービスと好連係も…名門対決は惜敗

米プロバスケットボール(NBA)は28日(日本時間29日)、レイカーズが敵地でセルティックスと対戦。121-125で敗れた。トレード移籍後、2戦目となった八村塁は第1クォーター(Q)から途中出場。第2Qではスター選手レブロン・ジェームズの豪快ダンクをアシストするなど存在感を見せた。23分41秒の出場で6得点、4リバウンド、1アシスト。オーバータイムでは出番がなかった。

セルティックス戦に出場したレイカーズの八村塁【写真:Getty Images】
セルティックス戦に出場したレイカーズの八村塁【写真:Getty Images】

レイカーズ移籍2戦目

 米プロバスケットボール(NBA)は28日(日本時間29日)、レイカーズが敵地でセルティックスと対戦。121-125で敗れた。トレード移籍後、2戦目となった八村塁は第1クォーター(Q)から途中出場。第2Qではスター選手レブロン・ジェームズの豪快ダンクをアシストするなど存在感を見せた。23分41秒の出場で6得点、4リバウンド、1アシスト。オーバータイムでは出番がなかった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 この日もベンチスタートだった八村だが、第1クォーター(Q)途中から出場。残り2分を切ったところで、ゴール下で強さを見せて初得点を決めた。第2Qには、敵陣でボールを受けると切り込み、シュートを放つかと見せて後方にいたレブロンへワンバウンドパス。フリーとなったレブロンはこれを豪快にダンクで叩き込んだ。

 東西の名門チームによる対決は緊張感ある試合展開に。第3Qはセルティックスリードで終わるかに思われたが、アンソニー・デービスからのロングパスを走り込んでいた八村が受け、残り0.3秒で値千金の同点ダンク。81-81で第4Qに突入するも決着はつかず。試合はオーバータイムに突入する接戦となった。第4Qでは、ラストプレーで決勝レイアップを狙ったレブロンの手を相手選手が叩き、得点ならず。ファウル判定はなく、レブロンは怒りの仕草を見せた。

 レブロンがこの試合41得点と奮闘するも、最後は及ばず。八村はオーバータイムで出番がなかった。23分41秒の出場時間を得たが、スリーポイントは4本試みるも1本も決まらなかった。

 2019年ドラフト1巡目(全体9位)でウィザーズに入団した八村は今月、ケンドリック・ナンとドラフト2巡目指名権とのトレードでレイカーズに移籍。25日(同26日)の本拠地スパーズ戦で12得点をマークし、堂々の新天地デビューを果たしていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集