[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

清原和博氏「初めて甲子園に出たとき以上の緊張感」 次男・勝児の慶応センバツ出場に喜び

第95回センバツ高校野球(3月18日開幕・甲子園)の選考委員会が27日に開かれ、記念大会の今年は例年より4校多い出場36校が決定した。プロ野球・西武、巨人などで活躍した清原和博氏の次男・勝児(かつじ)内野手(1年)が所属する慶応(神奈川)は5年ぶり10度目の出場。和博氏は自身のツイッターで祝福した。

5年ぶり10度目のセンバツ出場を決めた慶応の清原勝児【写真:中戸川知世】
5年ぶり10度目のセンバツ出場を決めた慶応の清原勝児【写真:中戸川知世】

センバツ高校野球、慶応は5年ぶり10度目の出場決定

 第95回センバツ高校野球(3月18日開幕・甲子園)の選考委員会が27日に開かれ、記念大会の今年は例年より4校多い出場36校が決定した。プロ野球・西武、巨人などで活躍した清原和博氏の次男・勝児(かつじ)内野手(1年)が所属する慶応(神奈川)は5年ぶり10度目の出場。和博氏は自身のツイッターで祝福した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 勝児は昨秋、主に「7番・三塁」で出場し、県大会で本塁打を放つなど関東大会4強入りに貢献。センバツ切符を掴んだ。吉報からまもなくツイッターを更新した父・和博氏は「一報を聞き、うれしく思うと同時に、40年前、私自身が初めて甲子園に出たとき以上の緊張感が湧き起こっています」と愛息が所属する慶応のセンバツ出場を祝福。「出場するすべての選手に、あの大舞台で、悔いなく全力でプレーしてほしいと願っています」と球児へのエールを送った。

 和博氏はPL学園(大阪)の1年夏から4番に座り、5季連続で甲子園に出場。2度の全国制覇を経験している。桑田真澄氏との「KKコンビ」で名を馳せ、通算13本塁打は今も破られていない歴代最多記録だ。1985年夏に父が全国制覇してから38年、同じ甲子園のグラウンドに父子2代で立つことになった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集