[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也より「大きな場面で強いのは片井」 二松学舎大付が誇る1年生4番の勝負強さ

第95回センバツ高校野球(3月18日開幕・甲子園)の選考委員会が行われ、記念大会の今年は例年より4校多い出場36校が決定した。昨秋の都大会準優勝・二松学舎大付(東東京)は4季連続7度目の出場が決まり、準優勝した1982年から41年遠ざかる春1勝を目指す。1年生で4番に座る片井海斗に対し、市原勝人監督は同校OBの鈴木誠也(カブス)より「大きな場面で強いのは片井」と太鼓判を押した。

4季連続7度目の出場となった二松学舎大付の片井海斗【写真:編集部】
4季連続7度目の出場となった二松学舎大付の片井海斗【写真:編集部】

センバツ高校野球、二松学舎大付は4季連続7度目の出場

 第95回センバツ高校野球(3月18日開幕・甲子園)の選考委員会が行われ、記念大会の今年は例年より4校多い出場36校が決定した。昨秋の都大会準優勝・二松学舎大付(東東京)は4季連続7度目の出場が決まり、準優勝した1982年から41年遠ざかる春1勝を目指す。1年生で4番に座る片井海斗に対し、市原勝人監督は同校OBの鈴木誠也(カブス)より「大きな場面で強いのは片井」と太鼓判を押した。

 昨夏の甲子園の全3試合で4番に座った片井。代替わりした秋季大会でも4番を任せられた。二松学舎大付出身のスラッガーといえば、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表にも選ばれた鈴木。在学中は甲子園出場に届かなかったものの、高校通算43本塁打を放ち、プロへの道を切り開いた。

 市原監督は当時の鈴木と片井の比較を問われ、「誠也の方は体の強さがあったのですが、柔らかさという点では片井の方が柔らかいかなと思います。スピードも誠也の方があるんですけど、タイミングを取る技術は片井の方があると思う」と評価した。

 さらに「現時点で決定的に違うのは大きな場面で強いのは片井かなと感じます」と断言。また「本人も発表があったときに一番ニヤついていた。ご馳走に出会えたように」とセンバツ出場決定の瞬間も明かした。

会見場に飾られた鈴木誠也のサイン入りユニホーム【写真:編集部】
会見場に飾られた鈴木誠也のサイン入りユニホーム【写真:編集部】

 これを聞いた片井は「そう言ってもらえると嬉しい」と照れくさそうに語り、「(評価が)落ちて行かないようにというか、上がっていけるようにやっていきたいです」と続けた。「凄い選手。やっぱり憧れ。あんな選手になれたら」と憧れを口にした1年生。3月に世界一を狙う大先輩を追いかけながら、甲子園で日本一を目指す。

(THE ANSWER編集部・和田 秀太郎 / Shutaro Wada)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集