[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全豪OP、ロシア選手が示したウクライナ国旗への敬意に海外称賛「一流の振る舞いね」

テニスの4大大会・全豪オープンでロシア出身の世界ランク6位アンドレイ・ルブレフの行動が話題となっている。18日の男子シングルス2回戦、同46位エミル・ルースブオリ(フィンランド)との一戦でウクライナ国旗を持ったファンから野次を受けるも、国旗の取り下げは求めず。欧州メディアが動画を公開すると、海外ファンから「なんていい男なんだ」と称賛を受けている。

全豪オープンに出場したアンドレイ・ルブレフ【写真:ロイター】
全豪オープンに出場したアンドレイ・ルブレフ【写真:ロイター】

ルブレフがウクライナ国旗を持ったファンからの野次に抗議

 テニスの4大大会・全豪オープンでロシア出身の世界ランク6位アンドレイ・ルブレフの行動が話題となっている。18日の男子シングルス2回戦、同46位エミル・ルースブオリ(フィンランド)との一戦でウクライナ国旗を持ったファンから野次を受けるも、国旗の取り下げは求めず。欧州メディアが動画を公開すると、海外ファンから「なんていい男なんだ」と称賛を受けている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 青いシャツのルブレフは審判に歩み寄ると、何やら言葉を交わした。審判は客席に振り返ると、すぐ後ろでウクライナ国旗を掲げていたファンへ向かって「取り下げてくれますか?」と要求。しかし、ルブレフは「いやいや、それは大丈夫」とすぐさま遮ると、「それよりも、僕に向かって悪い言葉を向けてくるんだ」と野次への抗議を伝えた。

 実際の映像を欧州放送局「ユーロスポーツ」公式インスタグラムが公開。文面では、試合後のルブレフのコメントを紹介した。「国旗の問題ではない。それは審判に直接伝えた」と振り返り、「どんな国旗でも掲げて良いんだ。状況は理解している。彼らが悪い言葉を発してきたことについてだった」と説明していた。

 昨年2月から続いているロシアのウクライナ侵攻。ルブレフは、同月のドバイ選手権でテレビカメラに向かって「NO War Please(戦争をやめてください)」と自身の思いを記していた。今回の国旗に示した敬意には、海外ファンから「ルブレフはナイスガイね」「なんていい男なんだ」「ルブレフは紳士だ」「彼はとても礼儀正しくて優しいアスリートだよ」「敬意だわ」「一流の振る舞いね」と賛辞が送られている。

 ルブレフはこの試合で勝利し、3回戦も突破。23日に行われた4回戦では、同10位ホルガ・ルーネ(デンマーク)を6-3、3-6、6-3、4-6、7-6のフルセットの末に下し、準々決勝に駒を進めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集