[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

池添謙一、療養中にオルフェーヴルとの再会報告 ファン「全然走れそう」「眼力が…」

競馬のG1レースで28勝を挙げている日本中央競馬会(JRA)所属の池添謙一騎手が“盟友”との再会を報告した。自身のツイッターに「落馬後1か月半ぶりに触ったお馬さん」と記し、オルフェーヴルとの写真も公開。ファンからは激励とともに、「ギラギラみなぎる」「オーラある」とオルフェーヴルへの反響も寄せられている。

JRA所属の池添謙一騎手(撮影は2019年)【写真:Getty Images】
JRA所属の池添謙一騎手(撮影は2019年)【写真:Getty Images】

昨年11月の落馬負傷後、1か月半ぶりに触った「お馬さん」

 競馬のG1レースで28勝を挙げている日本中央競馬会(JRA)所属の池添謙一騎手が“盟友”との再会を報告した。自身のツイッターに「落馬後1か月半ぶりに触ったお馬さん」と記し、オルフェーヴルとの写真も公開。ファンからは激励とともに、「ギラギラみなぎる」「オーラある」とオルフェーヴルへの反響も寄せられている。

 昨年11月26日の阪神競馬第7レースで落馬し、骨折が判明して療養中の池添騎手。「落馬後1か月半ぶりに触ったお馬さん」と自身のツイッターで公開したのは、自身が何度も騎乗した名馬・オルフェーヴルだった。久しぶりの再会で鼻面を撫でた池添騎手に対し、オルフェーヴルは現役時を彷彿とさせる眼光で出迎えている。

 池添騎手は「相変わらずカッケー!! 種付け前でギラギラみなぎってました笑 元気もらってきました!!」とつづり、写真も投稿。ファンからは「まだ全然走れそうでわろた」「オーラあるね」「『早く仕事しろ!』って言ってそうです」「今でも振り落としそうな表情してませんか」「年齢を感じないギラギラフェイス」「今でも現役いけるだろ」「流石暴れ馬マスター」相変わらず眼力が凄いなw」といった興奮気味のコメントが集まっている。

 G1レースを6勝したオルフェーヴルは、2013年の有馬記念1着を最後に現役を引退。2014年から北海道で種牡馬生活を送っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集