[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

春高バレー女子の解説4人が話題 栗原恵、狩野舞子らに反響「豪華で高校生幸せだな」

今月開催された全日本バレーボール高等学校選手権大会(ジャパネット杯・春の高校バレー)は、男子は駿台学園(東京)、女子は古川学園(宮城)が優勝した。女子決勝の解説&コートサイドを元女子日本代表の4人が務め、豪華だと話題に。「毎回メンバー豪華過ぎて今の高校生幸せだなぁ」「懐かしいメンバーが揃っているね」などと反響が集まっていた。

現役時代の狩野舞子さん(写真は2012年撮影)【写真:Getty Images】
現役時代の狩野舞子さん(写真は2012年撮影)【写真:Getty Images】

春高バレーは男子が駿台学園、女子は古川学園が優勝

 今月開催された全日本バレーボール高等学校選手権大会(ジャパネット杯・春の高校バレー)は、男子は駿台学園(東京)、女子は古川学園(宮城)が優勝した。女子決勝の解説&コートサイドを元女子日本代表の4人が務め、豪華だと話題に。「毎回メンバー豪華過ぎて今の高校生幸せだなぁ」「懐かしいメンバーが揃っているね」などと反響が集まっていた。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 フルセットの激戦の末に古川学園が優勝した女子決勝。解説の4人は、いずれも元女子日本代表のメンバーだった。“プリンセス・メグ”の愛称で親しまれた栗原恵さん、身長159センチながら“世界最強セッター”と評された竹下佳江さんに加え、コートサイド解説を東京五輪で主将を務めた荒木絵里香さん、2012年のロンドン五輪銅メダリストの狩野舞子さんが務めた。

 4人で並んだ写真をインスタグラムに投稿した狩野さんは「男子女子共にフルセットまで行く大接戦 会場は立ち見が出るほど観客が入っていて、やっと春高に人が戻ってきた…と嬉しくなりました」「優勝した高校の皆さんも準優勝した高校の皆さんも本当に素晴らしかったです お疲れ様でした!!」などと記した。

 ファンからは「毎回メンバー豪華過ぎて今の高校生幸せだなぁ」「懐かしいメンバーが揃っているね」「しっくりくるメンバーですね」「高校生のスポーツっていいですね。かっこいい!!!」などと書き込まれた。また、3枚目には180センチを超える3人の顔だけが写り、竹下さんの顔が見切れてしまった写真も公開したこともあり「最後の画像w怒られるでw」「可愛い悪意がありますね笑」とコメントするファンもいた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集