[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

重岡銀次朗、王者の故意バッティングを疑い「戦意喪失したから」「何でもありやん」

ボクシングのミニマム級(47.6キロ以下)ダブル世界戦が6日、エディオンアリーナ大阪で行われ、世界初挑戦のIBF5位・重岡銀次朗(ワタナベ)が王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)と3回2分48秒で無判定試合となった。3回に偶然のバッティングで王者が負傷し、試合続行不可能に。バラダレスは初防衛戦だったが、王座は動かなかった。

まさかの無判定試合に呆然とする重岡銀次朗【写真:津高良和】
まさかの無判定試合に呆然とする重岡銀次朗【写真:津高良和】

ミニマム級ダブル世界戦

 ボクシングのミニマム級(47.6キロ以下)ダブル世界戦が6日、エディオンアリーナ大阪で行われ、世界初挑戦のIBF5位・重岡銀次朗(ワタナベ)が王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)と3回2分48秒で無判定試合となった。3回に偶然のバッティングで王者が負傷し、試合続行不可能に。バラダレスは初防衛戦だったが、王座は動かなかった。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 サウスポーの重岡は小刻みなステップから初回2分過ぎに左ストレートを入れた。2回は好戦的に手数を出すと、タイミングよく右フックを着弾。打っては離れ、的確にポイント奪う展開だった。3回は互いの距離が縮まり、パンチの応酬に。すると、バラダレスの額が重岡の顎付近と激突した。

 偶然のバッティングで一時中断となり、王者がドクターチェックを受けた。結局、試合続行不可能となった。無念の重岡は涙。コーナーに頭をつけ、沈痛な面持ちを浮かべた。バラダレスは怪我で会見に出席できず、病院に直行することが発表された。

 重岡は会見で「一瞬のこと過ぎて故意かどうかもわからない」と一度は回顧。試合途中で「これはいける」と実力差を感じ、主導権を握った。しかし、相手がラフファイト。「顎に当たったけど、僕は今も痛みがないくらいの当たり。あとあと考えたら相手は『3回以内に』と考えていたのかと。何でもありやんって思う」と時間を置いて考えると、故意のバッティングに疑いを持った。

 ルール上では4回終了までいけば、重岡の負傷判定勝ちだったが、3回だったため決着つかず。重岡は、王者が実力差を知った後に負傷引き分けを狙う作戦に出たことを疑った。

 ドクターチェックの間は「頼むよって感じでした。相手が頭痛い、頭痛いとアピールしていたので」と心境と吐露。「(リング上で)5分休憩するとかも言っていたので、それはいらねえだろっていうくらいの当たり。それすらも許せなかったし、まさかの続行不可能。戦意喪失したのだと思う」と指摘した。

(THE ANSWER編集部)


国際女性ウィーク

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集