[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

谷口将隆、2回TKO負けのV2失敗で王座陥落…無判定試合の後輩・重岡銀次朗の鬱憤晴らせず

ボクシングのミニマム級(47.6キロ以下)ダブル世界戦が6日、エディオンアリーナ大阪で行われ、WBO王者・谷口将隆(ワタナベ)が同級2位メルビン・ジェルサレム(フィリピン)に2回TKO負けで2度目の防衛に失敗した。セミファイナルでは、同門のIBF5位・重岡銀次朗(ワタナベ)が世界初挑戦に臨んだが、王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)の負傷で無判定試合に。そろって勝利を挙げられなかった。戦績は28歳の谷口が16勝(11KO)4敗、28歳のジェルサレムは20勝(12KO)2敗。

2回TKO負けで2度目の防衛に失敗した谷口将隆【写真:津高良和】
2回TKO負けで2度目の防衛に失敗した谷口将隆【写真:津高良和】

ミニマム級ダブル世界戦

 ボクシングのミニマム級(47.6キロ以下)ダブル世界戦が6日、エディオンアリーナ大阪で行われ、WBO王者・谷口将隆(ワタナベ)が同級2位メルビン・ジェルサレム(フィリピン)に2回TKO負けで2度目の防衛に失敗した。セミファイナルでは、同門のIBF5位・重岡銀次朗(ワタナベ)が世界初挑戦に臨んだが、王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)の負傷で無判定試合に。そろって勝利を挙げられなかった。戦績は28歳の谷口が16勝(11KO)4敗、28歳のジェルサレムは20勝(12KO)2敗。

 谷口は初回から手を出し、左ストレートを当てた。好戦的な相手のパンチを被弾する場面も。2回はステップワークで相手をいなした。しかし、強烈なワンツーを被弾。後ろ向きに倒された。すぐさま立ち上がったが、ファイティングポーズを取ろうとしたところでぐらつき、王座陥落となった。

 2021年12月に2度目の世界挑戦で王座戴冠。昨年4月の初防衛戦は、体重超過を犯した相手に11回TKO勝ちした。試合の開催可否に揺れた末、不利な条件を受け入れてベルトを死守。「1回目の防衛戦はいろいろとアクシデントがあって、そういうのを乗り越えた上で心は安定してますね」と精神面の成長を実感していたが、この日は王座陥落を喫した。

 今回の興行は、元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏がファウンダーとしてプロモートする「3150FIGHT Vol4」。同氏は第4弾にして初めて世界戦を手掛け、ABEMAが新設したボクシング専門チャンネルで全試合を無料生配信した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集