[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

06年WBC、大塚晶則が仕留めた最後の打者に海外から意外な注目「めちゃ若い」「ユリ?」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が3月に開幕。大谷翔平投手らも参戦する侍ジャパンの躍進に期待がかかるが、WBC公式は第1回大会の日本の優勝シーンを動画で回顧。海外ファンが優勝国の予想をする中、最後の打者となったメジャーリーガーも「めちゃ若いな」「ユリか?」と注目されていた。

2006年、WBC決勝のキューバ戦で最後の打者を三振に仕留めて喜ぶ大塚晶則【写真:Getty Images】
2006年、WBC決勝のキューバ戦で最後の打者を三振に仕留めて喜ぶ大塚晶則【写真:Getty Images】

WBC公式が2006年の優勝決定の瞬間を映像で公開

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が3月に開幕。大谷翔平投手らも参戦する侍ジャパンの躍進に期待がかかるが、WBC公式は第1回大会の日本の優勝シーンを動画で回顧。海外ファンが優勝国の予想をする中、最後の打者となったメジャーリーガーも「めちゃ若いな」「ユリか?」と注目されていた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 2006年、WBC決勝のキューバ戦。クローザーの大塚晶則が最後の打者を三振に仕留め、捕手・里崎智也と抱き合い、歓喜の輪が出来た。イチロー、松坂大輔ら錚々たるメンバーが栄えある初代王者に。WBC公式インスタグラムは実際の映像とともに「第1回WBCで日本が優勝した瞬間を振り返り! 2023年はどの国が優勝する?」と文面に記した。

「ドミニカ以外ない」「アメリカが2連覇する」「メキシコも忘れるな」「今年は間違いなくアメリカとドミニカが優勝候補だ」などと海外ファンの予想が書き込まれる中、映像内で最後の打者となったユリ・グリエルにも注目が集まった。

 当時まだ21歳ながら強豪キューバで活躍。大会ベストナインにも選ばれた。日本のDeNAでもプレーし、2016年からMLBアストロズでプレー。2021年には首位打者に輝いた。「ユリが最後だったんだ」「ユリめちゃ若いな」「若いユリが打席に立ってる」「打席はユリ・グリエルか?」とのコメントが寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集