[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

亀田興毅「見てくれ!」 ファン、記者に異例の懇願「ファンの力を感じたいんです!」

ボクシングのミニマム級(47.6キロ以下)ダブル世界戦が6日、エディオンアリーナ大阪で行われる。5日は大阪市内のホテルで前日計量が実施され、世界戦に出場する全4選手が計量を一発クリア。興行はABEMAが6日午後1時から無料生配信する。初めて世界戦をプロモートした元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏は、「ほんま明日見てくれ!」「ボクシングファンはどれだけのパワーがあるのか、自分は感じたいわけなんですよ!」とファンへ視聴を呼び掛けた。

初めて世界戦をプロモートした元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏【写真:浜田洋平】
初めて世界戦をプロモートした元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏【写真:浜田洋平】

ミニマム級ダブル世界戦

 ボクシングのミニマム級(47.6キロ以下)ダブル世界戦が6日、エディオンアリーナ大阪で行われる。5日は大阪市内のホテルで前日計量が実施され、世界戦に出場する全4選手が計量を一発クリア。興行はABEMAが6日午後1時から無料生配信する。初めて世界戦をプロモートした元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏は、「ほんま明日見てくれ!」「ボクシングファンはどれだけのパワーがあるのか、自分は感じたいわけなんですよ!」とファンへ視聴を呼び掛けた。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 ダブル世界戦の舞台が整った。メインイベントで2度目の防衛戦となるWBO王者・谷口将隆(ワタナベ)は47.6キロ、挑戦者の同級2位メルビン・ジェルサレム(フィリピン)は46.7キロ。セミファイナルで世界初挑戦となるIBF5位・重岡銀次朗(ワタナベ)は47.6キロ、王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)は47.5キロだった。

 今回の興行は、亀田氏がファウンダーとしてプロモートする「3150FIGHT Vol4」。第4弾にして初めて世界戦を手掛け、全試合をABEMAで無料生配信する。会見後の取材では、ボクシングファンに視聴を呼び掛けた。

「ボクシングがどれだけ世の中に興味を持たれているのか。ボクシングの世界戦というのだけで、ある程度見られるぐらいのファンの数が全国にはいると思うんです。その中で重岡銀次朗という選手は、ネクストチャンピオンと言われる位置付けにずっといた。その選手が明日世界戦をするということは、ボクシングファンの間では楽しみな一戦だと思うんですよ。今回に関しては、そういうエンタメ要素も全く入れずにコアなボクシングファンに向けたカード編成にしています」

 ABEMAでボクシング専門チャンネルが開設され、今興行がこけら落としとなる。「ボクシング界の人間として凄く嬉しいこと。ボクシング界にとってはもの凄く明るい話題」と喜んだ。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集