[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

森保一監督、日本初のW杯後続投で報酬UP 田嶋会長「今までの監督以上の条件出さないと」

日本サッカー協会は28日、都内で会見を開き、カタールW杯で指揮を執った森保一監督との契約を延長したことを発表した。日本サッカー史上初めてW杯後の続投となった森保監督は「一戦一戦、結果に覚悟を持って挑戦していきたいと思います」と決意表明。日本協会の田嶋幸三会長は契約期間について「次期W杯まで」、年俸については「世界を見ても恥ずかしくない額」と語った。

日本代表の森保一監督【写真:ロイター】
日本代表の森保一監督【写真:ロイター】

任期は2026年の北中米W杯まで

 日本サッカー協会(JFA)は28日、都内で会見を開き、カタール・ワールドカップ(W杯)で指揮を執った森保一監督との契約を延長したことを発表した。日本サッカー史上初めて、W杯後の続投となった森保監督は「一戦一戦、結果に覚悟を持って挑戦していきたいと思います」と決意表明。JFAの田嶋幸三会長は契約期間について「次回W杯まで」、年俸については「世界的に見ても恥ずかしくない額」と語った。

 晴れやかな表情で壇上に上がった。田嶋会長、反町康治技術委員長とともに席に就いた森保監督。同日午前に行われた臨時理事会で続投が決まり、田嶋会長から正式にオファーを受けたことで「日本代表の監督をもう一度続けていくことにおきましては、非常に光栄な気持ちと、ミッションに向けての難しさ、責任の重さを考えると、身の引き締まる思いでいます。新しい景色を見るための道のりではありますが、一戦一戦結果に覚悟を持って挑戦していきたいと思います」と神妙な表情で言葉を紡いだ。

 日本代表の監督として、初めてW杯後も続投することになった森保監督。任期は2026年に米国、カナダ、メキシコで開催される次回の北中米W杯までであることも明らかになった。

 田嶋会長は「世界に見ても恥ずかしくない額」と契約条件を明かし、「続けて監督をやるというのは彼が良い実績を残してくれたと思う。ただまだ目標を達成されていない。そのためにも継続してもらいたいということ、それに対する対価ということで言えば、今までの監督以上の条件は出さないといけない」と語った。報酬面で過去最高の条件を準備したのか、という質問については「そう思われるのであれば、そう思ってもらっていい。それ以上は私は言えません」と話すにとどめた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集