[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アルゼンチン監督も選手も涙、涙 W杯優勝で息子に一言「世界チャンピオンになったよ」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は18日(日本時間19日)、決勝でアルゼンチンとフランスが激突。延長戦を終えて3-3と決着がつかず、PK戦に突入。アルゼンチンがこれを4-2で制し、36年ぶり3度目の優勝を掴んだ。試合後は監督も選手も涙。リオネル・スカローニ監督は「本当に信じられない気持ちだ」と喜びを語った。

36年ぶり3度目の優勝を掴んだアルゼンチン代表【写真:ロイター】
36年ぶり3度目の優勝を掴んだアルゼンチン代表【写真:ロイター】

カタールW杯決勝

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は18日(日本時間19日)、決勝でアルゼンチンとフランスが激突。延長戦を終えて3-3と決着がつかず、PK戦に突入。アルゼンチンがこれを4-2で制し、36年ぶり3度目の優勝を掴んだ。試合後は監督も選手も涙。リオネル・スカローニ監督は「本当に信じられない気持ちだ」と喜びを語った。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 メッシのPK弾で先制し、2-0で前半を折り返したアルゼンチン。しかし後半34分、PKを献上してエムバペに決められると、1分後にもボレーシュートを決められて失点。2-2で延長戦に突入した。

 延長後半4分、メッシがこぼれ球に反応して勝ち越しゴール。これで終わったかに思われたが、11分にフランスがPKを獲得。エムバペがこれを決め、ハットトリックを達成した。

 試合はPK戦に突入。1人目はエムバペ、メッシがともに決めたが、フランスの2人目コマンのシュートをアルゼンチンGKエミリアーノ・マルティネスがシャットアウト。フランスは3人目のチュアメニも枠外に外して万事休す。最後はアルゼンチンの4人目モンティエルが決め、アルゼンチンの優勝が決まった。

 試合後のインタビューで、スカローニ監督は目に涙を浮かべながら「苦しい試合を乗り越えて、選手たちは勝ちきってくれた。本当に信じられない気持ちだ」「(優勝は)家族に捧げたい。おそらく父も見てくれているし、母も見てくれている。両親はいつも、どんな時も決して諦めるな、誰かの悪口は言うな、必ず前を見て進み続けろと言ってくれた」と語った。

 ともにインタビューに望んだ息子には「お父さんは世界チャンピオンになったんだよ。知ってる?分かってるよね?」と語っていた。試合終盤にビッグセーブを見せ、PK戦でも活躍したGKマルティネスは「本当に苦しい試合でした。リードしていたのに同点に追いつかれて、私たちのチームは苦しむ運命だと思う。PKは幸運にも止めることができた。こんな素晴らしいW杯はない。言葉に表せない」とこちらも目に涙を浮かべていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集