[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メッシPK弾に本田圭佑も大興奮! 「だいぶ感情移入」のアルゼンチン推し「イエス!」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は18日(日本時間19日)、決勝でアルゼンチンとフランスが激突。前半22分にアルゼンチンがPKを獲得し、FWリオネル・メッシが左足で先制ゴール。今大会トップとなる6得点目を記録した。ABEMAで解説している元日本代表MF本田圭佑も「イエス!」と興奮。ただ「まだ喜ぶの早い。まだ喜びすぎんなって」と即座にアルゼンチンイレブンに指摘していた。

先制点を決めたリオネル・メッシ【写真:ロイター】
先制点を決めたリオネル・メッシ【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は18日(日本時間19日)、決勝でアルゼンチンとフランスが激突。前半22分にアルゼンチンがPKを獲得し、FWリオネル・メッシが左足で先制ゴール。今大会トップとなる6得点目を記録した。ABEMAで解説している元日本代表MF本田圭佑も「イエス!」と興奮。ただ「まだ喜ぶの早い。まだ喜びすぎんなって」と即座にアルゼンチンイレブンに指摘していた。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 0-0で迎えた前半21分、ディマリアがペナルティエリア内でデンベレに倒されてPKを獲得。これをメッシが左足で冷静に決め、アルゼンチンが先制した。

 試合前からフランス有利の見方をしながら、アルゼンチンを推していた本田。「素直にアルゼンチンを応援していいんですか? だいぶ感情移入しちゃう」などと語っていたが、「PK!PK!」とこのシーンに反応。メッシが得点を決めると「イエス!メッシ来ましたね!」と興奮した。

 ただ、歓喜するアルゼンチンのメンバーを見て「まだ喜ぶの早い。まだ喜びすぎんなって。フランス開き直るのが厄介なんですよ」と指摘していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集