[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スキー事故で今季絶望 GKノイアーにドイツ名手が苦言「危険は周知」「プロ意識を」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で日本と対戦したドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが休暇中に山などを楽しむスキーツーリング中の事故で脚を骨折。今季絶望となった。元ドイツ代表の名DFは母国のテレビ番組に出演し、「もう少しプロ意識を持って欲しい」と苦言を呈した。

ドイツのGKマヌエル・ノイアー【写真:ロイター】
ドイツのGKマヌエル・ノイアー【写真:ロイター】

スキーツーリングでの骨折にバベル氏「理解に苦しむ」

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で日本と対戦したドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが休暇中に山などを楽しむスキーツーリング中の事故で脚を骨折。今季絶望となった。元ドイツ代表の名DFは母国のテレビ番組に出演し、「もう少しプロ意識を持って欲しい」と苦言を呈した。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 ドイツのスポーツ専門局「スカイスポーツ」の番組に出演したのは、現役時代バイエルンでプレーし、ドイツ代表として1996年の欧州選手権優勝に貢献したマルクス・バベル氏だった。ノイアーの負傷について「突然のことだったので大きなショックを受けた。ノイアーには回復を祈りたい」とエール。そのうえで、「スキーが危険なスポーツだというのは周知のことなので理解に苦しむ」と批判した。

 バベル氏は、自身も現役時代のウィンターブレイクにはスキーに行くことがあったと告白。しかし、危険を伴うため禁止になったのだという。「今では契約の中にスキーは禁止ということが含まれているのではないだろうか」と示唆し、「だからこそ、とても不思議に感じたのだ。もし契約で決められているのであれば、全く理解できない」と語った。

 W杯ではまさかのグループリーグ(GL)敗退となったドイツ代表。バベル氏は「頭をリフレッシュしなければいけないということはよく分かる」とノイアーの行動に一定の理解を示したが「それでももっとプロ意識を持って欲しかった」と強調していた。さらに、W杯でのノイアーのプレーが批判されていることに話が及ぶと、「最高のパフォーマンスを出せなかったので、批判もされるだろう」と同調した。

 バベル氏は「フリック監督がノイアーを起用したことは理解できる。バイエルンでは素晴らしい前半戦だったからだ」と起用を支持したが、その一方で「ただ、ライバルたちも黙ってはいない。特にケビン・トラップに関しては(ノイアーと)同じレベルにあると見ている。W杯では飛び抜けたGKが必要だが、我々にはそれがいなかった」と分析していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集