[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南米2強はPK戦でまさかの明暗、ブラジル敗退&アルゼンチン4強 ネイマール号泣、メッシ歓喜

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は9日(日本時間10日)、準々決勝2試合が行われ、ブラジルはクロアチアと1-1で突入したPK戦の末に2-4で敗退。一方、アルゼンチンもオランダと2-2でPK戦に突入したが、4-3で制して4強進出を決めた。

メッシとネイマール(右)【写真:ロイター】
メッシとネイマール(右)【写真:ロイター】

カタールW杯・準々決勝2試合

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は9日(日本時間10日)、準々決勝2試合が行われ、ブラジルはクロアチアと1-1で突入したPK戦の末に2-4で敗退。一方、アルゼンチンもオランダと2-2でPK戦に突入したが、4-3で制して4強進出を決めた。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 南米の雄はPK戦で明暗が分かれ、まさかの結末を迎えた。

 先に行われた試合でブラジルは0-0のまま延長に突入。延長前半アディショナルタイムにエースFWネイマールが華麗なパスワークから芸術的な先制ゴールを挙げた。しかし、同後半12分にFWペトコビッチに同点ゴールを被弾。勝利まであと一歩からPK戦にもつれ込むと、1人目のFWロドリゴが決勝トーナメント1回戦・日本戦に続いてPK戦を守る相手GKリバコビッチにセーブされるなど、PKスコア2-4で敗れた。悲願のW杯制覇を逃したネイマールは大号泣した。

 その様子にサポーターが会場で大歓声を上げていたアルゼンチンはオランダと対戦。前半35分、FWメッシの絶妙なスルーパスからDFモリーナが先制ゴール。さらに後半28分には味方が獲得したPKをメッシが落ち着いて成功。しかし、後半38分から立て続けに失点し、2-2で延長戦からPK戦にもつれ込んだ。それでも、1人目のメッシが冷静に決めるなど、オランダに粘り勝ち。メッシは歓喜に酔いしれ、ネイマールとの両エースの表情も好対照なものになった。

 勝ったクロアチアとアルゼンチンは12日(同13日)に行われる準決勝で対戦する。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集