[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯日本ファンの“森保愛”を海外メディア称賛「彼女は心が痛むも、モリヤスは誇り」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦で日本はクロアチアにPK戦の末に敗れ、8強進出はならなかった。海外メディアは失意の日本人サポーターを直撃。涙の画像付きで「日本人はモリヤスを誇りにしている」と紹介した。

クロアチア戦後にファンへお辞儀をする森保監督【写真:ロイター】
クロアチア戦後にファンへお辞儀をする森保監督【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦で日本はクロアチアにPK戦の末に敗れ、8強進出はならなかった。海外メディアは失意の日本人サポーターを直撃。涙の画像付きで「日本人はモリヤスを誇りにしている」と紹介した。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本人サポーターに注目したのは、シンガポール放送局「チャンネルニュース・アジア」。8強の夢が潰え、「クロアチア戦でPKに苦しんだが、日本のファンはサムライブルーの勇気を称える」との見出しで伝えた。試合から間もないだけに「まだ痛みはあり、敗戦は記憶に新しい」とショックの色を表現した。

 記事では、日本人サポーターが「良い試合でした。前回大会の準優勝国を相手にしたんですから」「日本代表を誇りに思います。私たちはスペインとドイツに勝ったんですよ。素晴らしいです」と語った内容を紹介。筆者は「心痛む敗戦だが、彼女のような日本ファンはモリヤスを誇りに思っているようだ」と“森保愛”を汲み取り、こう続けた。

「月曜の敗退で日本はベスト16で大会を去った。しかし、タレントを多く抱えるチームに対し、サポーターたちが2026年大会は視界良好だと感じているようだ」

 若い選手も多く、次回大会に期待しているという。中には「いまや日本の選手たちは海外に行き、欧州でプレーしています。4年後はベスト8に行けると思います」と前を向いたファンも。応援はもちろん、試合後のゴミ拾いなどでも話題を集めた日本人サポーター。チームとともに夢を叶えていく。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集