[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「心を勝ち取る」森保監督の一礼 感謝の行動にインド誌も注目「次も応援したい気持ちに…」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦で日本はクロアチアと1-1で延長に突入し、PK戦の末に1-3で敗れた。試合後には森保一監督が深々と客席に一礼。感謝の行動をインド誌が「試合には負けたが、多くの心を勝ち取った」と特集した。

日本の森保一監督【写真:ロイター】
日本の森保一監督【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦で日本はクロアチアと1-1で延長に突入し、PK戦の末に1-3で敗れた。試合後には森保一監督が深々と客席に一礼。感謝の行動をインド誌が「試合には負けたが、多くの心を勝ち取った」と特集した。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 敗退が決まった試合後のピッチ。スーツ姿の森保監督は客席に向かい、たった一人、体を90度折り曲げて一礼した。はるばるカタールまで応援に来た日本のサポーターへの感謝。この瞬間がカメラマンに撮影され、世界で取り上げられた。

 インド誌「インディア・トゥデー」公式ツイッターも森保監督のお辞儀に注目。実際の画像が組み込まれた、動画内で、同誌のジャーナリストのジェシカ・ゴール氏が「ハジメ・モリヤスがクロアチアに負けた後、ファンへお辞儀した」と説明。「日本は負けたが多くの心を勝ち取った。日本の監督による振る舞いはファンへの感謝を示しており、それ以来(SNS上で)バズっている」と伝えた。

 日本は、グループリーグでは強豪ドイツとスペインに勝利。ゴール氏は、今大会での活躍を紹介すると、「準々決勝に進出できず、日本の選手とファンは胸が張り裂けそうだった。しかし、監督によるこの振る舞いが、次回のW杯で世界中が日本を応援したい気持ちにさせた」と森保監督の一礼に脚光。世界中のサッカーファンの心を揺さぶる行動だったと伝えていた。

 森保監督のお辞儀は、スペイン紙「アス」や米スポーツ専門局「ESPN」、コスタリカの「ラ・ナシオン」が報道するなど、世界各国で話題となっていた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集