[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ありがとう日本」 失意のクロアチア戦、海外記者から称賛の嵐「野心抱く国のモデル」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦で日本がクロアチアと対戦。1-1で延長戦に突入し、PK戦の末1-3で敗れた。史上初のベスト8入りは叶わなかったが、グループリーグ(GL)でドイツ、スペインと強豪を破って世界を驚かせた。海外記者からは「全ての野心を抱くサッカー国のモデルだ。ありがとう日本」などと称賛が多数集まっている。

クロアチア戦、最後のPKを止められた吉田麻也【写真:ロイター】
クロアチア戦、最後のPKを止められた吉田麻也【写真:ロイター】

カタールW杯、日本はクロアチアに惜敗

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦で日本がクロアチアと対戦。1-1で延長戦に突入し、PK戦の末1-3で敗れた。史上初のベスト8入りは叶わなかったが、グループリーグ(GL)でドイツ、スペインと強豪を破って世界を驚かせた。海外記者からは「全ての野心を抱くサッカー国のモデルだ。ありがとう日本」などと称賛が多数集まっている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 前田のゴールで先制した日本。しかし、後半に追いつかれると1-1のまま延長戦に突入。それでも勝負は決まらず、PK戦にもつれ込んだ。日本は1人目の南野がいきなり失敗。2人目の三笘も左に蹴ったがセーブされ、逆にクロアチアは2人連続で決めた。3人目の浅野は成功、クロアチアの3人目は外し、GK権田はガッツポーズを見せた。しかし4人目の吉田が止められ、万事休す。クロアチアの4人目が決めて敗戦が決まり、日本のメンバーは涙を流した。

 4度目の挑戦でもW杯ベスト8入りはならず。それでもドイツ、スペインと強豪に勝利し、グループリーグ1位突破で世界を驚かせた。クロアチア戦後、ツイッター上には日本の躍進を称える海外記者のコメントがあふれた。

 カタール放送局「アルジャジーラ」や英公共放送「BBC」などで活躍するアフリカのサッカー記者、アッシャー・コムギシャ氏は「日本にとっては飲み込むのがつらいこと。しかし、サムライブルーはカタール、そしてそれ以上のところで数多くの心を掴んだ。また次回」と労った。

 インドのサッカー記者サヤク・ディプタ・デイ氏は「彼らのことを誇りに思う。莫大な民間のキャッシュフローなしに国内でサッカーの育成環境を確立した彼らのモデルを誇りに思う。全ての野心を抱くサッカー国のモデルだ。ありがとう日本」と感謝。イングランドのスポーツライター、ルイス・ウィールドン氏は「日本は敗退したが、誇るべきことが沢山ある。ドイツを破り、スペインを破り、その途上、素晴らしいプレーをしてきた。同情と祝福を!」と、勝ち上がりを称えていた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN Beyond

THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子が使うワコールのスポーツ用ショーツ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集