[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宿敵阿部一二三とのパリ五輪争い 丸山城志郎は心の不調を告白「心技体をつくれない」

1敗もできない厳しい道のり「今日みたいな気持ちなら、いつか負ける」

 優勝したものの、内容が求められる立場。阿部との代表レースで差を詰めることはできなかった。男子日本代表の鈴木桂治監督は「(精神面は)苦しいでしょうね。非常にギリギリのところで戦っている。変則的な大会の流れも苦しいと思う」と慮る。丸山は自らを責めるように「甘い」と繰り返した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

「自分が甘い。今日みたいな気持ちで戦っていたらいつか負ける。今回の試合で甘さがあった。あの大野(将平)先輩でも精神的な部分で苦労している。苦しんでいるのを見て、自分はまだまだ甘いなと。中途半端な気持ちで試合に臨まない。今回、やるからには全てを懸けないといけないと学びました」

 次戦は未定。まだ来年5月の世界選手権代表に選ばれる可能性もある。鈴木監督は「彼は阿部一二三という偉大なチャンピオンに挑まないといけない。一二三も余裕をこいている場合じゃない」と2人の奮起を願った。

 丸山は五輪出場、夢の金メダルまで1敗もできない状況は変わらない。

「ここで負けたらほぼ終わりに近い状態だった。その中で勝ち抜けたのは今後に繋がる。またゼロからつくらないといけない。もし世界選手権の代表に選んでもらえたら、そこに向けて全力でつくり上げてまた世界一になりたい。優勝してパリ五輪への道を自分の力で切り拓いていきたい」

 東京五輪を逃し、泣いた。もう、あんな想いはしたくない。道は一つ。やるしかない。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集