[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本戦の2時間前にあった衝撃シーン 敗退ベルギーFWの涙の鉄拳は「一発でベンチを破壊」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、グループリーグ最終戦でベルギーがクロアチアに0-0で引き分け。勝ち点4の3位でグループ敗退が決まった。世界ランク2位の優勝候補にとって、まさかの結末。エースFWロメル・ルカクは試合後、ベンチのフレームを殴って破壊し、怒りを露わにした。海外メディアも驚きをもって報じ、「涙を浮かべ、一発のパンチでベンチを破壊」などと伝えている。

クロアチア戦に出場したベルギーのロメル・ルカク【写真:Getty Images】
クロアチア戦に出場したベルギーのロメル・ルカク【写真:Getty Images】

ベルギーのエースFWルカクがフラストレーション爆発

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、グループリーグ最終戦でベルギーがクロアチアに0-0で引き分け。勝ち点4の3位でグループ敗退が決まった。世界ランク2位の優勝候補にとって、まさかの結末。エースFWロメル・ルカクは試合後、ベンチのフレームを殴って破壊し、怒りを露わにした。海外メディアも驚きをもって報じ、「涙を浮かべ、一発のパンチでベンチを破壊」などと伝えている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 驚きの場面が試合後にあった。スコアレスドローに終わり、敗退が決まったベルギー。負傷明けで後半開始から出場し、再三ゴールに迫ったエースFWルカクは決定機を生かせず。引き揚げていく際、ベンチを通り過ぎようとすると、突然、ベンチの透明のフレームを右手で殴り、破壊した。激しい声を上げながら、怒りが収まらない様子だった。この模様は海外メディアにもとらえられ、大きな話題を呼ぶことになった。

 英紙「デイリー・ミラー」は「ロメル・ルカクが恐ろしいミスの後、涙を浮かべ、一発のパンチでベンチを破壊」との見出しで報道。「ルカクが4つのチャンスをミスし、W杯グループリーグで敗退。感情を隠せず」と再三の好機を逃したことを伝え、「ルカクは酷いミスがベルギーの敗退につながり、涙を浮かべた。そして彼はフラストレーションからベンチをパンチした」と描写した。

 英紙「デイリー・メール」は「ルカクは3つのチャンスをミスした後、ベンチをパンチし、涙を浮かべてトンネルを駆け足で降りて行った」と涙があったことに言及。ベンチを破壊した場面について「W杯敗退したあと、感情的なロメル・ルカクがフラストレーションをベルギーベンチで解消した」と触れた。世界ランク2位の優勝候補に挙げられながら散ったベルギー。世界的ストライカーにとっては耐え難い屈辱だったようだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集