[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

石川佳純が国際卓球連盟アスリート委員立候補 その理由に「素晴らしい考え」と称賛の声

卓球の石川佳純(全農)が8日、国際卓球連盟(ITTF)のアスリート委員に立候補したことを自身のインスタグラムで明かした。

石川佳純【写真:Getty Images】
石川佳純【写真:Getty Images】

インスタグラムで報告「アスリート委員会の委員に立候補させて頂きました」

 卓球の石川佳純(全農)が8日、国際卓球連盟(ITTF)のアスリート委員に立候補したことを自身のインスタグラムで明かした。

 石川は「この度、ITTF国際卓球連盟、アスリート委員会の委員に立候補させて頂きました」と報告。卓球競技について「私自身、13歳からITTFワールドツアーやWTT、14歳から世界選手権に出場させていただき、既に15年以上が経ちました。この経験を通じて、卓球は非常に若い年代から、30代を過ぎてもトップレベルで活躍でき、観客に驚嘆を与える競技だと思います」と想いをつづった上で、決意を記した。

「もし委員に選出されれば、国際舞台で多くの選手が安心して、また情報共有が頻繁に交わされるような環境を作っていきたいと考えています。そうすることで、選手のキャリアが長くなり、活躍の舞台が増えると考えます。また、選手個人の権利についても探求していきたいと考えています。選手の声を届ける役割を果たすことでITTFの将来のより良い成功に貢献出来ると考えているからです」

 立候補の理由と、卓球界への想いが伝わる決意表明にファンからも「応援しています」「素晴らしい考え」と激励の声が上がった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集