[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「戻ってこないと思う」 カナダ識者はエ軍に移籍交渉を推奨「賢くなるべき」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、チームが低迷する中でも投打に活躍を見せた。今季終了前、エンゼルスと年俸3000万ドル(約43億4000万円)の1年契約を結んだが、カナダの識者は今オフでの移籍を予想。高年俸選手を抱える現状を指摘し、「エンゼルスは賢くなり、今季オフに移籍交渉をするべきだ」と持論を展開した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

高年俸選手抱えるエンゼルスにカナダ識者「賢くなるべき」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、チームが低迷する中でも投打に活躍を見せた。今季終了前、エンゼルスと年俸3000万ドル(約43億4000万円)の1年契約を結んだが、カナダの識者は今オフでの移籍を予想。高年俸選手を抱える現状を指摘し、「エンゼルスは賢くなり、今季オフに移籍交渉をするべきだ」と持論を展開した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 カナダのスポーツ専門局「スポーツネット」の番組「ティム・アンド・フレンズ」に出演したのは、過去に米スポーツ専門局「ESPN」やカナダのスポーツ専門局「TSN」に務め、現在はMLBネットワークでキャスターを務めるアドナン・ヴィルク氏。大谷の去就が話題に上がると、「オオタニがチームを去る可能性は高いと思う」と口火を切り、エンゼルスの現状をこのように説明した。

「トラウトは年俸3600万ドルほどもらっている。マイク・トラウトとはいえ、今季は120試合にしか出場していない。レンドンは年俸3500万ドルを受け取る。2人だけで7100万ドルだ。オオタニは少なくとも年俸4000万ドルは貰うべき。つまりエンゼルスはたった3選手に1億1100万ドルを払うことになる。そのうえアストロズに対抗できるような投手陣はない」

 高年俸選手をすでに抱える現状を指摘したヴィルク氏。2018年にエンゼルス入りした大谷の決断について、ヴィルク氏は「エンゼルスと契約したのは二刀流でプレーさせてくれたから。ヤンキースは契約する場合どちらか片方のみでプレーさせたいと(渡米当初)オオタニに伝えていたはず」と、当初は二刀流を疑問視する球団もあったことを紹介。「今、彼は二刀流が出来ることを証明し、引く手あまただ」と話した。

 エンゼルスが球団売却中であることにも言及したヴィルク氏は、「エンゼルスは賢くなり、今季オフに移籍交渉をするべきだと思う。彼はエンゼルスに戻ってこないと思うし、(エンゼルスは)今なら見返りを得られる」と推奨し、見返りのないフリーエージェントでの移籍ではなく、トレード移籍の可能性にも含みを持たせていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集