[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、契約延長でも「トレード可能性1位」に米メディア選出の理由「予算組み容易に」

米大リーグのポストシーズンが盛り上がりを見せている中、米メディアは今オフにトレードの可能性がある選手をランキング化。エンゼルスの大谷翔平投手を1位に選出し、「オオタニの未来は22年オフ最大のストーリーになる可能性がある」と伝えている。

大谷翔平の今オフ中のトレード移籍はあるのか【写真:Getty Images】
大谷翔平の今オフ中のトレード移籍はあるのか【写真:Getty Images】

「ブリーチャー・レポート」が移籍可能性の25選手をランキング化

 米大リーグのポストシーズンが盛り上がりを見せている中、米メディアは今オフにトレードの可能性がある選手をランキング化。エンゼルスの大谷翔平投手を1位に選出し、「オオタニの未来は22年オフ最大のストーリーになる可能性がある」と伝えている。

 23年シーズン終了後にフリーエージェントとなる大谷。今季は8月のトレード期限までにも米国で移籍が噂されており、今オフの動向も注目されていた。しかし大谷が契約延長に応じ、権利を有していた年俸調停を回避。年俸550万ドル(約7億9600万円)から大幅昇給となっていた。

 米スポーツメディア「ブリーチャー・レポート」のジョエル・ロイター記者は17日(日本時間18日)に「MLBの2022年オフにトレードの可能性がある選手ランキングトップ25」と見出しを打って記事を掲載。「トレードの可能性が高い選手を25人ピックアップし、契約年数の残りや年俸を考慮して、ランク付けを行った」としている。

 1位に選出されたのが大谷。「契約延長と年俸調停の回避した事実があるからといって彼がトレードされないというわけではない」と断言。「実際にはその事実がトレードの可能性をさらに高めるかもしれない」とまでつづった。

 理由について「オオタニの年俸が確定したことにより、記録破りの契約最終年の活躍を待つ前に、各球団はトレードの予算を組むことが容易となった」と契約延長を指摘。「オオタニの未来は22年オフ最大のストーリーになる可能性がある」とまで言い切った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集