[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜドイツは圧倒的でないのか 「彼は悪役だった」 米メディアが名指しした選手とは

なぜドイツは圧倒的でないのか 「彼は悪役だった」 米メディアが名指しした選手とは

ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグF組のドイツは23日、第2戦でスウェーデン代表に劇的な逆転勝ち。今大会初勝利で同組の2位に浮上した。しかし後半ギリギリまで勝負の行方はわからず、ドローに終わっていた可能性もあり、そうなればグループリーグ突破は絶望的な状況だった。前回大会覇者で、今大会でも優勝候補の筆頭と言われていたドイツ。FIFAランク1位の強国は、なぜここまで苦しんでいるのか、米ヤフースポーツが特集している。

ドイツ代表のトニ・クロース【写真:Getty Images】
ドイツ代表のトニ・クロース【写真:Getty Images】

ドイツが苦戦する原因を米メディアが分析、原因の一つはクロースの不調

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグF組のドイツは23日、第2戦でスウェーデン代表に劇的な逆転勝ち。今大会初勝利で同組の2位に浮上した。しかし後半ギリギリまで勝負の行方はわからず、ドローに終わっていた可能性もあり、そうなればグループリーグ突破は絶望的な状況だった。前回大会覇者で、今大会でも優勝候補の筆頭と言われていたドイツ。FIFAランク1位の強国は、なぜここまで苦しんでいるのか、米ヤフースポーツが特集している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 米ヤフースポーツ電子版は「なぜドイツはこれまでのように圧倒的ではないのか」とトップページで紹介。「ワールドカップ10日目の勝者と敗者:クロースとドイツにおける2つの顔」と題して特集している。

 同メディアはドイツの不振の原因の一つに、MFトニ・クロースのパフォーマンスが上がって来ないことを指摘している。

「94分間、彼はスケープゴートであった。さらに言うなれば悪役でもあった。クロースは前回王者ドイツがW杯に出場した理由とも言える存在であった」

 記事では直接FKによる劇的な決勝弾を決めるまでの間、クロースが「スケープゴート」であり「悪役」だったと伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー