[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ラグビーも半端ない! 日本代表がジョージアを史上初完封、レメキ圧巻5人抜きトライ

ラグビーも半端ない! 日本代表がジョージアを史上初完封、レメキ圧巻5人抜きトライ

ラグビー日本代表のテストマッチが23日、豊田スタジアムで行われ、ジョージア代表に28-0で勝利。ジョージアを完封するのは史上初で、28点差も過去最大の点差だ。6月のテストマッチ3連戦を2勝1敗で勝ち越し、来年行われる日本開催のW杯へ向けて上々の成果を残した。

田村優【写真:Getty Images】
田村優【写真:Getty Images】

ジョージア代表に圧勝し、6月3連戦は2勝1敗で勝ち越し

 ラグビー日本代表のテストマッチが23日、豊田スタジアムで行われ、ジョージア代表に28-0で勝利。ジョージアを完封するのは史上初で、28点差も過去最大の点差だ。6月のテストマッチ3連戦を2勝1敗で勝ち越し、来年行われる日本開催のW杯へ向けて上々の成果を残した。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 イタリアとの初戦は34-17で勝利。16日の第2戦は22-25と惜敗していたジェイミー・ジャパン。3連戦のラストの相手は世界ランクで11位の日本と差のない12位のジョージア。過去の対戦は4勝1敗だが、ほとんどの試合が僅差の決着。世界有数のフォワードの強さを誇る侮れない相手だ。

 日本は前半2分にSO田村優のPGで3点を先制。15分には約45メートルのPGをSO田村が狙ったが、これは決められず。

 17分にはジョージアのフランカー・コレリシビリがシンビンで退場(10分間)。直後の18分のPGは決められなかった。

 32分には敵陣ゴール前やや左でのPGをSO田村が決めてリードを6点に広げた。終了間際のゴール正面でのPGはFB野口竜司がしっかりと決めて9-0とし、前半を折り返した。

 後半からフランカー西川征克が登場。31歳にして代表初キャップを獲得した。

 待望のトライが生まれたのが後半9分だ。敵陣スクラムから押し込み、中央に展開。最後は途中出場のファンデルバルトが中央で押さえた。コンバージョンも決まって16-0とリードを広げる。

 さらにはその3分後、敵陣の右サイドでボールを受けた、ウイングのレメキ・ロマノラバが巧みなステップと、ボディバランスの強さを発揮。相手タックラー5人を次々と交わしてトライを決めた。

 後半27分には地元・愛知出身で途中出場の姫野和樹が左サイドにトライを決め、28-0とさらにリードを広げた。

 本大会で当たるスコットランド、アイルランドを仮想したイタリア、ジョージアとのテストマッチ3連戦。来秋へ向けて最高の形で締めくくった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー